お留守番のあとに。

マークが全然納得してなくて怒ってるっていう話、ホントだったら興味ある

【NCT DREAM】「マークのいない世界」から始まるふんわりクールなマンネたち

 

f:id:tenkomulan53:20190731171315j:plain

かっこいい。めたくそ、かっこいい。これまでにない新しいかっこよさ。顔だけじゃなくて全てがかっこいい。
マークがマジで卒業してしまった6人DREAM。今後どんな活動をしていくのか、かねてから、大変興味を持って待っていたが、いやもうほんと、かっこいい。素晴らしいの一言だ。久々に「有難うSM!」と礼をいいたくなった。こういう、会社についてもメンバーについてもその経緯についても、前からよく知ってるところが、ちゃんとかっこつけるところでちゃんとかっこつけてくれるの、実に大事なことだと思う。こういうところで、スカやポカやに逃げをやられると、地味だけど確実に会社への信頼は落ち、その積み重ねが(会社への)支持や期待をなくすことになるんだよなと思うので。

DREAM は、NCTの中でも、なかなか微妙で複雑な立ち位置を強いられているグループなので、いつだってオペレートが難しい。いつもいつも難しいのである。プラットホームであるNCT127が一度でもEXO並みにバカ売れしたことがあったのならば、また事情がちがってただろうが、そんなことが起こってない3年間だからこそ、難しいのである。常にSM全体とNCT全体、特に127とのバランスを考えながら、それでいて独自性を打ち出し売上もあり人気も出るように、かといってうっかり(127より)人気が出すぎてはいけないという着地点の難しさは、あのWayV以上だと思う。それだけになんともいえぬ観察しがいがあるし、ほかにはない面白さがあるわけだが、今回のカムバは本当によく考えられていて心底いいと思う。パっとシンプルにかっこいい!と思えるし、あとでじっくり見聞きして考えてみても、やっぱりかっこいい!と思えるし。6人DREAMとして素晴らしいアルバムになった。

 

これまでも、マークとヘチャンが忙しいときは、ずっと残り5人でいろんなイベントやテレビ出演をこなしてきた。
カムバ期間以外でも、結構、グループで歌う仕事ってあるもんなんですね。こちら見る側も事情を知ってるので、いちいち「あとの2人はどこ行ってんだ!」とは思わないし。ふつーに5人で既存曲をふつーに歌うDREAMちゃんなのであった。

さらに18年年12月末をもってマークが正式に「卒業」すると、今度は、5人でHRVYとのコラボ曲「D'ont need your love」を、6人で「fireflis」と、積極的に新しい楽曲の制作発表に取り組んできた。今回の6人DREAMのコンセプトというか活動路線というのは、これらの「マークがいない時のDREAMの雰囲気」を引き継いだ形といっていい。私でさえ、「へーこれはこれで素敵な雰囲気じゃ~~ん」とずっと思ってたくらいなので、制作側も、これでいい!これでいける!と推せる勝算があったんじゃなかろうか。ある意味、楽曲の選び方含め、この半年こういう実験をしてみたくて、コラボ曲とかわざわざ制作させたのかも。具体的にどういう勝算かというと、SM随一のラッパーであるマーク・リーがいないからといって、「無理にマークの抜けた穴を埋めようとしない」という事だ。


私も今回改めて驚いたが、実際、マークのラップが聞こえてこない曲は、思った以上に「締まらない」。マークはほぼすべてのNCTグループのメンバーで、NCT楽曲にマークの声が入ってないということはなかったので、うっかり慣れてしまってた。「マークが歌えばそこはNCT」「もうマーク自身がNCT」という時代がデビューからずっと続いてたので、彼の声がのってこないことからして違和感あったくらいだ。ほんと今さらだがマークうまいよなー。声もいいし、英語の発音も気持ちいいし。いなくなって改めてわかるマークの偉大さよ。
が。しかしである。WayVにしてもDREAMにしても、マークがいないのだから、それにかわるラッパーを育てようとか鍛えようとか誰か連れてこよう、と考えるのは間違いなのだ。マークっぽい感じ、マーク亜流になるのもよくないかも。なんつっても、品が命のSM。マークのように顔も性格もすべてが上物(じょうもの)な上にラップもすごい英語発音もパーフェクト!みたいな子はまずいない。と思ってかかった方が正解。という結論がとっくに出ちゃってるんだと思う。なので、SMとしては、そうではないところで勝負をするという知恵絞り戦略で勝負なさりたいのではないでしょうか。知らんけど。
「そうでないところ」とはどこかというと、5人DREAM独自の空気感で「ふんわり」してるところ。当然個人的な見解だが。あのね、あの子たち5人で活動すると、なぜか歌っても写真撮っても踊っても、こう、ふんわりさらさらした感じになるんだよ。ヘチャンが入るとちょっとピリっとする感じ。本来はピリじゃなくてピリピリっとするんだけど、近年ヘチャンは常に疲弊してるので、ピリっくらいになる。こういうのこそ、実際やってみないとわからない「空気感」で、作為的に作ろうとしてもできないところ。やっぱり生きてる人間どうしだからね。あの独特のふんわり感。品もあるし色気もあるし、なんともかっこいい素敵な雰囲気。あれを壊さず生かす路線で6人DREAMをやっていこうとしてるんだな!と思って感心した。ふんわりなのにクールで最高!

でもちょっと、ふんわり重視はいいとしても、必要以上に、6人DREAMの歌とラップ、下手すぎませんかね? いくらマークの穴を埋めるつもりはないといっても、あの子たち、歌もラップももっと上手だったはずですけど!やりすぎじゃないかなぁ。ちょっとその辺は残念だし勿体ない。タイトル曲「BOOM」は特にその傾向がひどくて、他のアルバム収録曲はもっとちゃんと声張って歌ってるし、もっと上手にラップものってるうに思うので、私の気のせいでなければ、それもあえての作戦?なの~と思った。にしてもあえて「下手めにする」ってどうなの。そりゃまたずいぶんなディレクションだと思うけどなー。

 

f:id:tenkomulan53:20190731174249j:plain

話が戻るけど、思い出したついでに書くと、5人DREAM独特の「ふんわり感」。
あれは、1人1人のバックボーンちゃんと調べてこそ初めてわかる空気感だと思う。私は、そこまでメンバーの過去を熟知してないのでいまひとつ理解しきれないのかも、と自分で思っている。でも、よく知られてることだけでも、ジェノとチソンは子役スタートだし、ヘチャンやジェミンも中1くらいでSM入社だし、チョンロにいたっては、小学生から中国では有名なソロシンガーだったわけだし、ロンジュン以外(相変わらずようわからん朝鮮族吉林省ver出身のロンジュン、彼がやっぱり大穴かも)全員が長らく芸能界にいるわけだ。私の仮説なので、信ぴょう性ゼロで聴いてほしいが、子役からやってるK-POPアイドルって、予想に反して、とても素直というかフラットというか、あわてず騒がず、さらさらふんわり落ち着いてて優しい感じの子が多いように思う。小さい頃から大人にまみれてお仕事してるから、さぞかし、しっかりしてて(精神的に)老けてるんだろうなと思いがちだが、実際は、同年代アイドルより静かで大人しく、常にマイペース。実年齢なりの好奇心や元気さはあるんだろうが、仕事の現場では絶対的に落ち着いてる。仕事や会社に対して、激昂したり反抗したりして大騒ぎするタイプに、こういう子役スタートのアイドルはいないと思う。現場で騒いでもエネルギーの無駄だということが身に沁みついてる感じで、粛々と仕事に取り組む姿は彼らの特長だ。そういうとこは大人っぽいのに、ほかの部分は異様に子供ぽくて。大人なんだか子どもなんだかわからん感じ。あと、小さい頃からやってるアイドルは、なぜか面白い人が少ないです。SMは、もとから面白いアイドルが数少ないし生まれにくい会社なので、小さい頃から仕事してるアイドルとなればなおさらかと。以上が私の、芸能界に子供からいるアイドルの印象です。日本の子役スタート芸能人とはまた違う感じですね。ええ、ええ。SF9チャニ、ASTROムンビンなどにもまったく同じこと感じるので、やはりなにか共通点あるのでは。


そして、特殊なK-POPアイドルナンバー1であるチョンロ大先生を見るにつけて、私はいつも「金持ち喧嘩せず」というフレーズを思い出す。実は、ふんわりの元々の製造機はチョンロ先生である可能性が大きい。金持ちは圧倒的に上回っているために常に周囲に優しいという格言だ。実際、チョンロの実家は金持ちみたいだが、お金だけじゃなくて、彼のその輝かしい実績、そしてそれを支えてきた才能と実力と運、そのすべてがスペシャルなことは間違いない。そんなにすごい人物なのに、チョンロ先生は、とっても素直でにこにこしてて大人しく、ふんわりといつも優しい。神か。なんの不満も不安もなくほんとに素直な感じで楽々とDREAMでデビューできちゃうあたり、即戦力にも協調性にもほどがある。本物の実力者は、恐れることが何もないからいつも優しく笑っていられるんだなあ。たった入国2カ月で、いちからダンスと韓国語を習ってじゅうにぶんに間に合うのもすごいけど、その後も、チョンロ大先生は、優しいふんわりしたまま、どんどん背がのび顔がよくなり、あっという間に爆イケメンになってしまった。これもやはり、「金持ち喧嘩せず」の法則なのか。最初から約束された成功なのか。勝者はどんな状況になろうとも結局勝者になってしまうのか。とにかくかっこいい、、、バクイケチョンロ大先生。。。などと、最近の5人DREAM,あと疲弊しきったヘチャンについても散々いろいろ思うために6人DREAMについても、ほんとに鑑賞しがいがあるというか、考えがいがあるというか。飽きない。ここは音楽以外に興味のある事が多すぎる。

今の新生6人DREAMのかっこよさ。ワタシとしては、その核は「ふんわり感」にあリ、その「ふんわり感は、マンネのチソン&チョンロから出てきてると。そう考える。仲良しの2人は、それこそ小さい頃から芸能界にいて、常に精神が安定している。チソンちゃんのマイペースっぷり。チョンロ大先生の「本当の金持ち(そして実力者)は本当に優しい」感。いずれも度を越していて、それが余裕につながっていて、ふんわりした空気を作るのではないか。ジェミジェノやロンジュン、ひいてはヘチャンにまで、そのふんわり感が伝染していった結果、いまの独特のふんわりさらりとかっこいい6人DREAMができあがってる気がする。ま、今まとめたあとづけですけど。


※今年は、去年までの反動として、「人数が少ないグループのターン」なので、メンバーが5~6人のグループがベストの年です!あ、私調べですが!てか私だけかもしれませんが!その意味においても6人DREAMはとってもいいと思います。そして、2000年生まれが4人もいるということは、今年の年末には、6人DREAMは早くも体制崩壊なんでしょうか。それとも一気に解散なんでしょうか。そしたら、5人で新しいグループを?誰かを加えて新しいグループでも? これまで「卒業」制度については、正直なんにも考えてこなかったので、今頃オロオロしはじめました。てか、いまの6人DREAMとってもいいので、2年はやってほしいなあと。

低身長ダンサー VS 高身長ダンサー

f:id:tenkomulan53:20190623200300j:plain

テンさんあと5㎝高ければ、好きなダンサーにはならなかったと思う

私は、昔から「ダンスの上手いアイドル」が好き。歌が上手い子、顔のいい子、やたら面白い子などのアイドルも好きだけど、やっぱり、ダンスの上手い子が好き。どうしても気になってしまう。大体、K-POPを熱心に見るようになったのも、彼ら彼女らが、べらぼうにダンスが上手いから。だったし。
そんな私なので、初めて見るグループでも、自然と上手に踊ってる子を探してしまうし、よく知ってるグループでもメインダンサー(自分の好きなダンサー)だけをずーーっと見てしまう。今は、全体のダンスレベルが底上げされ、ひと昔前のように「顔はいいがダンス下手」「歌は上手いが踊れない」アイドルなぞいない。皆がダンスも歌もうまくて、極端な差がなくなってしまった。そんな差のつきにくい中だからこそ、周囲より頭ひとつ「上手い!」と思わせるダンサーアイドルは素晴らしく、より一層値打ちがあると思う。そう思うと、ますますダンサー好きがとまらない。

 

① 背が低い子は、ダンスが上手い?

ある時、ふと気が付いた。昔から自分が好きなダンサーは、なぜか皆身長が低いのだ。
ホヤ(元INFINITE)、ウニョク(SJ )、テミン(Shinee)、ギグアン(HIGHLIGHT)に始まり、シウミン(EXO)、テン(WayV)、ピルドク(BIGSTAR)、ノテション、ハソンウン(HOTSHOT)、YU(ONF)、女子だとチョンハ嬢やユジョン(WekiMeki)など、揃いも揃って小柄揃い。ただ、上手いというだけじゃなくて、「自分は踊ることが好きなんだ!」というダンス愛が感じられるのも好き。それぞれダンサーとしてのタイプが違うし、体つきや動き方も違うけれど、とにかくべらぼうに上手い。そして小柄。それが共通点だ。そこで、私は、「そうか!背の低い子は、ダンスが上手いってことか!」と思ったのだった。
日本より、容姿(見た目)の評価が厳しい国、韓国。そんな国の芸能界、しかもアイドルになるにあたって、高身長であることは、何よりのアドバンテージ(だって顔や体重は変えられても身長は変えられない)。背が高いというだけでデビューに一歩も二歩も近づける。逆にいうと、「背が低い」ということは相当なデメリットで、それを覆して余りある、ずば抜けた他の才能がないと、デビューなんて無理。そういう意味でいうと、先に挙げた小柄な子たちには、事務所から「低身長というデメリットを忘れていいくらい、桁外れにダンス上手いですよ!」という保証書がついてるようなもんだと思うのだ。顔に惚れてる顔ファンの方には申し訳ないが、でも、他社よりはるかに身長に厳しいSMにおいて、テミンやテン、あるいは、決して背が高いとはいえないウニョクやテヨンが、それぞれメインダンサーを張ってるという事実。これは、本当に注目すべき案件じゃないか!と思ってしまい、唸ってしまった。
天は二物を与えず。に通じるルールがありそうなアイドル界。逆読みすると「これだけ背が低いのだから、きっとその分ダンスが上手いに違いない」と予想していい。大概その予想は当たっている。それはSMだけじゃなくどこでもそうだ。こうして、私の中で「背の低い人はダンスが上手い説」が、確固たるものになっていった。そして、「なぜ、小柄な方がダンスが上手いのか?」などということを考え始めた。でもひょっとして、それは本当に上手いのではなくて、単に、背が低くて手足が短いから素早く動かせるだけなのでは?あるいはそう見えるだけなのでは? 同じように回転しても、小柄だと、速く見えたり綺麗に見えたりするだけなのでは?など思ったりした。答えはわからない。
ただ、フュギュアスケートや体操の世界だと、断然、背が小さく体重が軽く手足が短い方が、点数は高くなるというのが常識だ。薬物でわざと身長を止めたりするくらいだし。しかしその一方、高身長スケーターは、抜群に手足が長くて、見てる方がうっとりするくらい優雅だったり迫力があったりするというのも、これまた事実。演技技術が上回っていることを重要視して「上手い」とすべきなのか、それとも、見た目の美しさや迫力を愛して「上手い」と感動するべきなのか。ダンスの場合はどうなんだ。答えはわからない。

 

 

② 高身長アイドルにも、ダンスの上手い子はいる。
そうこうするうち、ものすごく身長が高いアイドルの中にも、べらぼうにダンスの上手い子がいることに気付いた。
てか、なぜ、それまで気づかなかったのか私。そうこうするうち、じゃねぇよ自分。この「そうこう」って、優に5年近くたってますから。そんなに長い間「小柄な方がダンスが上手い」説を信じ、そこには理由があると思い、そんなことばっか考えてた私。呆れる話だ。固定観念とは恐ろしい。目に映っていても、脳みそには焼き付いてなかったんだろうな。例えば、EXOのメインダンサーはいわずとしれたカイで、それは認めるんだけど、あまり好みのダンスじゃないのか、圧倒的にシウミンかギョンスを見てしまっていて、カイのこと見てないんだと思う。ギョンスのダンス、すごい上手いと思うし私大好きなんだけどどうでしょう。ま、そういうことで、私が気に留めてなかっただけで、当然、背の高い子でもダンスの上手い子いくらでもいるのだ。当たり前体操。
ショヌ(MONSTAX)、ユギョム(GOT7)、セフン(EXO)、ムンビン(ASTRO)、テヤン(SF9)、ユノ&チャンミン東方神起)、カイ(EXO)ジュンフィ(SVT)、VIXX(全員でかくて上手い)、といるわいるわ。「背が低い方がダンスうまい説」は、間違いだった。
ただ、個人的には、先ほど述べた「低身長ながらデビューできたのは、並外れてダンスが上手いから」説は本当だと思う。「小柄なアイドルを見たらきっとダンスが上手い!と思って間違いなし」という考えも間違ってないと思う。歌も同じでは?といわれそうだが、それは違う。低身長が高身長に勝てるのは、歌よりも絶対ダンス。なぜかというと、ダンスは見たらわかるけど歌は見ただけではわからない。目に見えないからだ。この例外はPENTAGONジノだけだ。ほかには認めない。何言ってんだかわかんないけどまぁそういうことだ。外国からやってきてデビュー組に入った子たちも、大体ダンスを武器に勝ち上がってきた子が多い。これもダンスは万国共通で目で見てわかりやすいからだと思う。

 

f:id:tenkomulan53:20190623195829j:plain

撮影企画で集められたダンサーアイドル。この時は両端のみ180㎝超えだった

③ そもそも、アイドルの身長は、すべてイメージ。
さて。今回冒頭からずうっと背が低いとか高いとか言いまくってる私だが、実は正確ではない。
これらの身長はすべて「見た目」だ。つまりイメージ。いちいちプロフィールを調べて、「あ、この人170㎝か。じゃ低身長」と数字で判断したわけではない。私は、自分の目で直接アイドルを見たことがないので、結局、何かの画面ごしに見ているだけ。彼らは、99%メンバーと一緒にいるので、はっきりいって身長イメージは、その「周囲との比較」で決まるといっていい。背が低いなーとずっと思いこんでたアイドルが、他のグループと並んでみると、めっちゃでかくてびっくりした!という経験は誰でもあるだろう。真逆もある。私もたくさんある。世界線が歪みまくり、脳みそが混乱しまくり、なかなか気持ち悪い経験である。

例えば、①のところで、大好きなラキ(ASTRO)を低身長ダンサーに入れなかった。本当は一番入れたかったのに!私の中では、ラキが小柄で上手いダンサーの代表みたいになってたので!しかし、先日ひょんなことからラキ177㎝もあることを知った。本当に腰が抜けるほど驚いた。この数字が本物なら全然小さくない。だからサムエルと並んでも同じくらいだったのだ。むしろサムエル以外に小さいのね、くらいに思ってたわ私。彼の事ずっと「小さい」と思ってきたのは、いつも一緒にいるムンビン(183㎝)、チャウヌ(183㎝)、サナ(185㎝)の3人が高すぎるからにすぎない。アストロ山脈の前に立つと「ラキ小さい」になってしまうが、TEENTOPかSJに混じると「ラキでかい」となってたくらいの身長だ。周囲大事。いやーそれにしても177もあるとは! あ、ついでに、①に挙げた私が尊敬する小柄ダンサーを数字で確認してみると、ホヤ178㎝、ギグアン171㎝、ラキ177㎝、テミン176㎝、テン170㎝、シウミン172㎝、ピルドク173㎝、YU170㎝、ノテヒョンハソンウン169㎝であった・・・。まず、ホヤ先輩に謝りたい気持ちでいっぱい。すみませんでした。いやテミンさんそんなに?いやピルさん?!うーん。答え合わせするとそれはそれで新たな問題が出てきて大変。イメージがいかに重要か印象がどんだけズレてるか、よーーーくわかった。(公開されてる数字が正確なのかという問題もあるしな)。

こうなると、弊害といっていいのではないだろか。周囲。
ASTROの話を続けると、山脈3人のせいで、ラキ177㎝MJ175㎝JINJIN174㎝がものすごくチビだと思われちゃうわけだから。きっと他グループだったらそんな印象なかったはずだから。もっとも乖離が激しかった案件が、SF9インソン。なぜか私ずっと小柄だと思ってたところ、実は184㎝もあるらしくてびっくり。10㎝以上も下方修正記憶してたなんて。まぢか。。私の目も悪いけどそんな錯覚起こさせる方も悪くない?一方、PENTAGON山脈も業界屈指の高さを誇るが、これを逆に利用して、あえてジノやイドンやフイのような小柄な子を混ぜるという作戦もあるから恐ろしい。ウソクイエナンシノンユートの巨人がいるから小さく見えるんです!と言い訳することで、実は、普通に考えてもかなり小さいということを欺いているである。あれは新手だと思った。
このように、背の高さとは身長計で計測した数字。ではなくて、アイドルの場合は、あくまでも「メンバー内の目測の差」である。そこから生まれるイメージである。背が高低いのイメージは、いくらでも作為的に作れる。
だから、各事務所は、新しいグループを作るとき、本当にメンバーの身長差をよくよく考えてほしいなと思う。いや、そんなこと、私にいわれなくてもとっくに考えてんだろうけど!実力も顔も年齢も揃えて、やっとバランスよく揃った!と思ったら、身長差のバランスがむちゃくちゃ!なんてこともあるだろそりゃ。そんな時、身長バランスが悪いという理由だけでわざわざメンバーを変えるかというと、しないと思う多分。小柄だろうが巨人だろうが、一度愛されてしまえば人気に影響ないもんね身長なんて。つまり、見た目が大事、といいながらも、ダンスの上手さや歌のうまさに魅了されてほしいと賭けてるのだと思う。小柄なアイドルって。で。ここで無理やり最初に戻るんだけど、やっぱり、小柄なアイドルはそれだけでダンスの上手さに期待できる。メンバーを引き立てたり、あるいは弊害を被ったり、と二重三重に損してるマイナススタートだけれど、その分踊るとすごいぞと。

 

④ 結局「好き嫌い」なのか。私は、小柄なひとが好き。
あれですね。ひとの身長を、低いだの小柄だの巨人だの、そんなことばっかりいってて、すごい品のない話だと思うけど、なんだか書いているうち、どんどん長くなってしまった。ほんとに他意はない。要するに、この話、「ひとの好みはそれぞれ」という当たり前な結論しか出ない。「私は、どこまでいっても背の低いダンサーが好き」というだけの話だ。まあ、その身長ってやつが、誰かとの比較から生まれた(ほぼ)妄想ってことは、私も気が付かなかったが。
あと、よくよく考えてみると、ダンスが上手い下手以前に、単に私、身長の低い子が好きなのでは?ということも初めて思った。これだけ落ち着いて検証?してみても、最初の最初に話が戻ってしまう。割合でいうならば、アイドル界の場合、どうしても、背の高い子よりも、背の低い子の方が、ダンスの上手い子、面白い子が多いと思っちゃうんだなあ。思い込みかなあ。だってさ、背が低いってだけで1個減点じゃん?それでも勝ち上がってきたってことはさ、やっぱり(ここからまた①に戻る)・・・・。

どんだけ書いても①に戻るので、この辺にしておきます。全編下世話な話で申し訳ありませんでした。

f:id:tenkomulan53:20190413201210j:plain

背が高いのに、歌もダンスも上手い頂点アイドル(ついでに美脚)

 

 

 

【WINNER】「大人オシャレ」路線のPOP、ほんとーに強い。

f:id:tenkomulan53:20190521163425j:plain

WINNERのこともYGのことも、よく知らないので、無責任なこというの憚られるわ。。。と思ってきたけど、もう我慢できんから勇気をもって発言させていただくと、WINNERすごくいいーー。別に5人の時も嫌いじゃなかったけれど、4人になってからの感じ、すごくいい。ほんといい。なんか、オシャレな感じがたまらん。オシャレだわー。

まず、顔がオシャレ。正統派美男子ジヌ氏が一番イケてないかもってくらい、皆さん、オシャレ顔。震えるくらいかっこいい。
そして、カラダつきもオシャレ。身長高くて、肩も腰もあって脚が細くてまるでモデル。いい。ほんといい。フォーマルスーツからアロハシャツ、ジャージからアバンギャルドまで、何着ても似合う。いろいろ着せたくなる顔と身体でさ、スタイリストさん絶対楽しいと思う~。私服と衣装の区別つかない時もあるけど、それもまたかっこよくて、結局、いつ見ても何見てもかっこよくて、見るたび「うぃの、いい!」となる。
そこへ持ってきて、曲がオシャレ。オラオラ系は皆無で、ナムテを切ってから、確信的に「大人のPOP」に決めうちしてるのが、結果、大成功しちゃってるんだよね~~。センスよく曲にするよね~。まさかのドンピシャ。これ、YGが全部計算づくめでやってんだとしたら、大した目利きだと思うし尊敬しなきゃなんだけど、どうもそんな気にならないっていうか多分そうじゃない気もして、いやまあ今、そんなことどうでもいいよね、とにかく、うぃのいい。ってことをお伝えしたいだけだから~。

WINNERって、ikonメンバーより、たしか4~5歳年上なんだよね。
あの闘い(サバイバル)って、音楽性とかパフォや容姿の選抜じゃなくて、単に、年齢でスパッと2チームに分けただけなんでしょ?って気がしたんですけど、違うんすか。まあ、見てないんで何もいえない立場ですけど。すみません。だけど、5歳前後といえば、ちょうど年代ひとつ上がるんで、会社としては、WINNERを「大人のお兄さんたち」、ikonを「かっこいい弟たち」にするつもりで始めたんだよね、たぶん。
それはよかったんだけど、大人といっても、歌ってる歌がほら「オールディーズのカバー曲をやるグループなの?」的な、懐かしポップスのゆっくり曲ばかりだったために。。いやあれはあれで、ゆっくりしてていいし歌はうまいしなんつっても雰囲気あるし、ああいうの好きな人いるし、「そ…そうか…」的なとまどいがありつつ、1位を獲ったりしてたんだよね。たしかに大人といえば大人。しかし、それがオシャレなのか?というと実際、微妙だった。あのまま、レトロポップスばっかやってても飽きられて凋落するのは、誰がみても明らかだったじゃん。あの頃のWINNERが、大人路線のまま、長らく愛され続け、売れ続けるにグループに変わるには、「オシャレ!」というイメージを完全装備させるしかないっ。ってことだったんでしょ?正直なとこ。私は個人的に、ナム・テヒョンの顔や身体やふるまいを「なんてオシャレ!」と思ってた人間なので、辞めた時は残念だったし可哀想の一言だった。でも、どんなに顔がオシャレでも、「じゃあ、ナムテの作る曲はオシャレか?」といわれたら、イエスとはいえないもんな。しょうがない。男気がある人なので自分のセンスや好みは曲げないだろうし、仕方ないことだったと思うけど。ま、ひとことでいうとだな。あれだけ存在感あってどうしても核になってしまうナムテがいる限り、WINNERは、「大人のオシャレ」POP路線には乗れないと。会社にそう判断されたのだろう。知らんけど。ほんま知らんけど。
でも結果的に4人になったWINNERは、「オシャレ」を冠するには好都合だったと思うの。4人って、オシャレさを表現するのにバッチ最適な人数だもん。1人1人の顔が映る時間が長いしーー、歌うパートも長いしー、横並びしてもサマになるしー。かといって、3人だと「少なっ」てなるし、5人だと「多っ」と思うし。カル群舞するんなら多人数がいいけど、うぃのって、踊りはゆるいので(踊れないわけではなく!ほんとはバッキバキに踊れるんだけどあえて大人は踊らないのがこれまたオシャレってことなんで)。

f:id:tenkomulan53:20190521163351j:plain

なんだろう。デビューから振り返ってしまった。
よく知らんのにほんとにすみません。でもそんなこんなで、2017年春「ReallyReally」「FOOL」以降の、新生WINNERは、ほんともう、センスのいい大人のオシャレさんグループになっちゃって、見かけるたび「ほう…オシャレさんですな」と思うようになった。あれからさらに2年たち、今年で満25歳~28歳になるWINNER。めっさ大人。めっちゃオシャレ。(もうなんでも褒めるので流して下さい) 韓国のアイドルとしては、なかなか微妙な年齢なのかもしれないけど、ことWINNERに関しては、コンセプトも楽曲もそういうことなんで、ちょ~~ど今、ピークというか絶好調というか、脂がのっかってる時期でとてもいい。入隊除隊ののち、アラサーアラフォーになっても、全然有効なコンセプトじゃないかと思う。いけるいけるーー。だから、このままの路線で、オシャレな大人なまま、なが~~く活動してくれることを願う。


あと、今日は、もう1つ書きたいことがあって、それは曲の早さについて。
さっきから、意識的に「ゆっくりめ」「ゆったり」という言葉を入れてきたのは、それについて言及したかったらなんだけど、WINNERの場合、デビュー以来、本当にゆっくりしたテンポの曲が多い。てかそればっかり。BPMというより、言葉の数っていうか、音符の長さ?シンプルさ?とか、体感的にゆっくりしてりゃいいっていう話だけなんだけど。なんか「ゆっくり」してる曲って、我々素人もカラオケで歌いやすい。当然、踊りやすい。言葉が聞き取りやすい。ゆえに歌詞が心に染みやすい。結果覚えやすいし記憶に残りやすい。結論として愛されやすい。となりません?なりますよね。


25年ほど前、小室哲哉氏が売れてた時、「キーは高ければ高い方がいい。テンポは速ければ速い方がいい」といってたんですけどね、ヒット曲の秘策として。今って、その反対だと思うんですよ。いや、もちろん、ガンガン飛ばすテンポの速い曲も売れるし、なくなったりしないけど、いいコード進行いいメロディで、その時流行ってるいいアレンジつけた、ゆっくり曲の方が、今の時代は強い。瞬発力はなくてもずうっとチャートに入ってるとか、何年も売れ続けてるとかそういう感じで愛される傾向強いと思う。どうでしょう。別に、バラード曲でなくても、4つ打ちじっくりPOPも、相当ゆっくりしてるじゃないですか。どんだけ悲しい歌なのかと思って歌詞をみたら、呑気なバカっぽい歌詞だったりして、ゆっくりしてるからって別に深刻でも悲哀でもなく、単なるご陽気ソングだったりするから、実はどんなイメージに映える。聞くにしても歌うにしても、ゆっくりめの曲、アイドルたちにとっては、いろいろといいのでは?と思うようになりました。

 

そしたら、17年「ReallyReally」大ヒットのあと、今度は、ikonが18年「LoveScenerio」をリリース、これがまた、腰が抜けるほど大ヒットしたので、私としては「やっぱり!」と思ってしまった。WINNER以上にikonのことを知らないので、この曲がすごく「ゆっくり」してることしかわからんかったけど(アホ)、でも、あのikonでしょ。Ikonがオラオラ系ではなくて、こんな曲で大ヒットを飛ばし自身の代表曲になった!っていう事実が、「やっぱりゆっくり曲は売れやすいんだよっ」と心底思った。
WINNERが大人として「ゆっくりPOP」を専売してるのに、弟のikonが、バラードとはいえ同じような「ゆっくり曲」で勝負に出るの許されるの? 折角、棲み分けができたのに、また同じフィールドになってない?という心配はしなくていいのだ。なぜかというと、WINNERは「オシャレ」だから!「大人オシャレ」だから! いつもオシャレな曲にオシャレな恰好してるから!!顔がオシャレだから!だから全然違うの。いやむしろ、こういう時のために、わざわざオシャレ化計画を(人の首を斬ってまで)断行したわけなので、弟がバラードでヒット出そうが、全然フィールドは違うのだ。私はそう思うので、ikonも今後ゆっくりめの曲でまたヒット出して下さい。

 

WINNERのことを、K-POPらしくない、アイドルらしくない、あと、YGらしくない、と感じる人もいると思う。
でも、そのYGらしさって、いわゆるTEDDYサウンドとかオラオラ系のことだったら、YGそればっかりじゃないし、そもそも、無理してでも自分たちで作曲するのが、YGボーイズグループの掟なので、いろいろ変わってきて当然。それがうぃのの大人ポップスだったり、ikonのバラードでそれが売れるんだから、今後はそれがYGらしさになっていくんだし。ていうか、BIGBANGだって、山ほどヒット曲あるけれど、結局なんの曲が一番好き?っていうアンケートとったら、「FANTASTIC BABY」よりも「HaruHaru」が選ばれたりするんじゃないの?知らんけど。わたしゃ、好きだよ。ビッベンもブルピンも、ゆっくり曲の方が。それも実はYGっぽいって話なのでは。

ただ、K-POPらしくないとかアイドルらしくないっていうのは、ちょっと私も思う。だって私は、K-POPは聴くものじゃなくて見るものだと思ってるし、アイドルとは、自分がなりたい対象じゃなくてつきあいたい対象であるべきと思ってきたから。そういう意味では、あまり激しく踊らないし、かといって楽器を演奏するわけでもないし、まあ、そのオシャレな顔と身体と服装を見る以外はそんなに見るってことは大事じゃないしなあ。曲はいいんだけど、それはビジュアルなくても十分堪能できるので。好きなアイドルはどんだけ毎日見ても飽きないのに、たぶんうぃのは毎日じゃ飽きると思う。ああ、だから、あんなにカムバが少ないのかなあ。カムバしてもあまりテレビでないし、わざとセーブしてんのかなあ。もうオシャレさんなんだから。(なんでもいう) 4人ともそれぞれオシャレさんだけど、特に、スンフン氏がぶっちぎりオシャレさん、で異論ないよね。それでいうと、普通アイドルに対して好き!って思うのは「スンフン氏の彼女になりたい!」てことに集約される感情でないといけないのに、実際には「わたしが! スンフン氏に! なりたい!」という感情になっちゃうんだよ、WINNERの場合。全員そうだ。それはもうアイドルじゃないよね。生まれ変わって、スンフン氏の彼女になろうとは思わないのに、生まれ変わってスンフン本人にはなりたいっていう。

f:id:tenkomulan53:20190521163207j:plain

あれだ。今日の話を、ひとことでいうと、結局、WINNERってアイドルというより限りなくアーティストに近い。ってことかと思う。

韓国芸能界では、本物のアーティストもK-POPアイドルとして勝負しないと、商売にならず食べられないから、そんなふうに言うけど、そうじゃない。やっぱり、どんだけアーティストぽくても、それはYGがわざとアーテイスト風に見せてるだけで、中身は結局、うぃのもアイドルだと思うよ私は。見せかけだよね。わざわざ、自分たちの引いたコンセプトにのっかる曲を、誘導して苦労させて無理やり作曲させて、そのくせ、そっからプロの手でいろいろ足したり引いたり粉をかけたりして、そんなことしてまでアーティスト風にさせたいか!っていう、基本的な嫌悪感が私にはある。ナムテとうまく交渉できなかったのもその辺じゃないかな。あとの4人は、マルチなセンスがあるので、俳優、モデル、ディレクター、MC,デザイナー、ラッパーなど芸能人としていくらでも活躍できるオシャレさんだと思うけど、ナムテは歌手でしか生きられないもんな。本人も周囲もその辺よくわかっての上で、こうなったんだろうなあ。

 

YGて、どうしてもそういうこと考えちゃってモヤモヤするので、書いたことなかった。言及する気にならなかったんだけど、でも。WINNERが今年もまた大人でオシャレなんで、気をよくして、ついつい書いてしまった。ほんと素晴らしいわあ。美大出身の雰囲気がプンプン匂う4人の、いろんな髪型やいろんな服装をこれからも楽しみにしております。。。頑張って下さい。

 

 

 

【PENTAGONとSF9】1位歌手より、ワールドツアー!

f:id:tenkomulan53:20190507092101j:plain

「PENTAGONとSF9、どちらが先に1位を獲るか」というお題。もう随分前、うーん2年?くらい前の話でその後忘れてたんだけど、この度ふと思い出した。
この2グループは、ほぼ同時期デビュー(16年10月)。メンバー人数(10人と9人)といい事務所規模(CUBEとFNC)といい、カムバのタイミングから、日本デビューや全体活動内容、元SM練習生がメインボーカルだとか、すごく身長高い子がいたりするというとこまで似てて、世間でもよく比べられていた。何よりどちらの人気も勢いがあったので「いずれどっちも1位歌手になるんだろうなぁ」と思ってた。

しかし、そうはならなかった。19年春現在、どちらもまだ1位は獲っていない(ですよね?なってたらごめんなさい全力謝ります)。

 

PENTAGONに関しては、イドゥン脱退退社を理由にする人がいるだろうが、それはあまり関係ない。もちろんあれで、応援する気持ちを無くしたファンが大量に出たのは事実だろうが、それをいうなら、むしろ、17年PRODUCE101(WANNAONEが出たやつ)の折、CUBEが余計なプライドを振りかざして路線変更を強行、バカ売れするチャンスを自ら棒に振ってしまった事の方がはるかに罪深いし被害はデカかった。あの時、順当にやってればひょっとしたらWANNAONE並に売れてた可能性だって(ちょっとは)あったはず。でもまあ、そんな絶対的マイナス状況から、ちゃんと持ち直して、いい曲を作りいい活動を続けられるという点こそ、会社とPENTAGONの底力といえるわけだが。結果からいうと、1年くらい遠回りをさせられて時間とエネルギーを喰ったけれど、PENTAGONというグループとしての魅力や実力がよくわかった出来事となった。なので、1位を狙えるグループとしての位置はなんらかわっていないと思う。なんつーかこう、CUBE所属グループって、会社のディレクターやプロデユーサーがアイデア出したりイメージ作ったりして張り切って仕事してる間は、マジでロクなことなくて、4MINITESにしてもBTOBやCLCにしても、会社の人(誰か存じませんが)が匙を投げて「もういいわー君らの好きにしたらいいわーお金出すから勝手にして~」と突き放した瞬間から、バカ売れしてトップグループになっていくという・・・なんともいいがたい変な会社だと思う。どんな修行やねん。最初から「私の好きにさせてくれるなら」がお約束のソヨンのグループ、(G)IDLEがCUBEにしては珍しく最初からとばして売れてるのは、社のディレクションが入ってないからに間違いなく、CUBEもいい加減その辺を学べばいいのにといつも思う。頼むから黙ってろ。PENTAGONだって、もっと早くから好きにさせてれば、こんな苦労することもなかったのに。あ、その話は今どうでもよくて、要するに、PENTAGONは、デビュー時も勢いあってよかったけど、そういうキラキラした魅力的なダンスボーカルグループの枠から、修行に堪えて耐え抜き、知恵をつけたことで、今や自分たちで自分たちらしい楽曲や活動ができるポテンシャルの高いグループになってると。単純に歌やダンスのスキルが高いし、覚醒してからのセンスはフイならではの独自性が高く、容易に真似できない心に刺さるものがあるので、もっと評価されるべき、もっと売れるべきと思う。

そして、SF9。こちらは対照的になにひとつ、何1つとして間違ったことをしてきてない。
もうお手本といっていいダンスグループづくりだと思う。トップアイドルになるためにやらねばならぬこと、やるべきことは着実にやってきたし、毎回アルバムイメージも、計画的で芯のあるヌケのないイメージづくり、ブレないコンセプト、楽曲、歌詞の選び方から衣装その連携まで、ほんとに見事。こういうのをA&Rが優秀というのか。しかも、無駄に同じことを繰り返してる(ように見えたかもしれないけど)わけではなく、わりと、最短距離の線を拾って、無駄なく不足なく、きっちりやってるイメージが強い。FNSは、ダンスグループとしてのボーイズを初めて手掛けたわけだが、本当によくマーケティングしてるなと思うし、中長期的な計画についても実に考え抜いてると思う。
デビューしてからずっと続いてたダンスナンバーは、いろいろな曲調があるにせよ、レトロ&コミカルで、ご陽気な雰囲気を信条としてきた。デビュー曲の、昔ディスコちっくアナログちっく満載な「Fanfare」に始まり、スパニッシュなのかメキシカンなのかイタリアンなのかごちゃ混ぜの「Osole mio」や「MANMAMIA」まで。アプローチとしてはざっくり、まんま昭和だ。イメージを突き詰めるのではなく、いい意味で適当に消化してデフォルメする昭和アイドルソングのアプローチ、嫌いではない。てか、そこまでアイドルらしいアイドルソングを何曲もやってくれる教科書的K-POPグループ、ほかにあるかよって話だ。これは評価しないといけない。だって、アイドルなんて大衆文化なんだし。アーティストじゃなくてアイドルなんだから。そして、それを2年続けたところで、マンネ2人をセンターに起用し「Now or Never」でどっとセクシー路線に突入。これがまた、見事なまでに黄金のアイドルメソッド。あの、金髪マンネだったフィヨンを、前髪ロングもじゃもじゃパーマに変身させた英断はファンでなくても評価すべき。昭和センスの素晴らしさを感じる。この曲も次の「Enough」も楽曲ビジュアルパフォ共に、過不足なく見事なセクシーダンスナンバーになっていて、中身がちゃんと伴ってるところが一番素晴らしい。なんという戦い方、なんという正しい戦略、正しいコンセプトづくり。なに1つ間違えたことがないSF9。FNCのディレクションを褒めたたえたい。

 

それなのに。そこまでやっても。というべきか。どちらも1位にはなれないわけである。まことに残念だが、それが現実ということだ。

SF9、社としては本気で、去年「Now or Never」で、初の1位を獲りに行ったのだろうしPENTAGONも「SHA LA LA」で、ひょっとしていけるのではないか!?という空気があったと思う。でも、ダメだった。それではまだダメなのである。

私は、ランキングやデータなど数字の一次資料を見ないので、実際どれくらい売れてる売れてないはほんとは知らない。歌番組の1位にしても毎日チェックしてるわけじゃないし、あとで調べるわけでもないので、えらそーに1位どうとかほんとは書けない。なので、なんとなく売れてるなぁ!っていう雰囲気もんの話してることを容赦願いたいのだが、その雰囲気もんでいうと、えすえぷもぺんたも「あともう1歩か2歩?!」くらいのとこではなかろうか。いいとこまでいってると思うんだけど。そして、何が足りないとか、ここをこうして、これさえやめれば、とかそういう話ではないと思うのだ。そうではなくて、1位になってもなんら不思議でない曲・グループだけれど、たまたま、その時期、ほかにもっと優れた曲・グループが(いつも)いただけ、ってことだと思う。

つまり、1位になれないのは、彼らの問題(だけ)ではないと。PENTAGONもSF9も、ひと昔前だったら1位獲ってた。1回は獲れてた。どう考えても、それくらいの質だし、それくらいのレベルだし、評価も人気も支持もついてきてた楽曲だったので。もっというと、彼ら以外にも「これくらいの曲だともっと1位になってしかるべき案件」がめちゃくちゃ最近は増えた。直近だと、CLC「NO」とか、StrayKids「MIROH」などは、かろうじて1位は獲得してるけど全然物足りない。あんなもんじゃないと思う。楽曲もパフォも何をみても、それまでの活動とは一線をひくような、格別にレベルの高いものを出してきてて、もっと1位を獲ってないといけない感じがした。1位案件なのに1度もなれてないグループもたーくさんある。最近ほんとに難しいのだ。

これは、単純に全体のレベルが上がったということだろう。常に、同等以上、もしくははるかにレベルの高いグループが活動してる状態ってことだ。有り体に言えば、「これくらいの楽曲、これくらいの活動じゃ、今は1位にはなれない」ってことかと思う。

そうなるとだ。これ以上はムリ!てくらい頑張ってんのに、まだまだ足りないとなると、何を考えるかというとだ。当然だけど、海外に出ていくことを考えるわけだ。それが自然な流れ。そりゃそうだ。てことで、SF9もPENTAGONもワールドツアーだ。

 

f:id:tenkomulan53:20190507093139j:plain

ひと昔前なら、なんとなく、韓国はもちろんアジアを制覇した1位歌手だけが、満を持してアメリカやヨーロッパに挑戦する!って感じだったのが、今はBTS様が風穴あけたおかげで、そうではなくなった。K-POPアイドルグループは、どこもレベルが高いので、1位どころかベスト10や20当たりでも、実力&魅力あるグループだらけ。「私の国に来てほしい!いっぺん見てみたいわ!」と本気で思ってる人たちが海外にいっぱいいるのに、無理して頑張って韓国の歌番組にタダ同然で(いや持ち出しの方が大きいかも)出て、悔しい思いをしてる場合ではないのだ。行きましょう行きましょう、アメリカでツアーしましょう!ヨーロッパも行きましょう、ワールドツアーいきましょう!という考えになるのが自然な流れ。

 

そういえば、今、SM(NCT127),JYP(TWICE),YG(BLACKPINK)の3大事務所は、全部ワールドツアーやら北米ツアーやらの真っ最中とかこれからやるところなのであった。。もちろん、新興勢力BigHit(BTS)も、相変わらずアメリカのテレビ番組やらアワードやらにしょっちゅう出ておられる。すごい時代になったものよ。SJとかがツアーするのとは全然違う意味で、K-POPは既に新しい時代に突入していたのだった。

 圧倒的1位歌手であるBTSやTWICEが海外に出ようとするのが至極真っ当だとしたら、「何回か1位になりました」というグループ、あるいは「1回くらいは1位になったことありますよ」というグループだって、同じように考えるだろう。そして「1回も1位になったことないですけど、いつも惜しいとこまでいくんですよね」というグループだって、実力が劣ってるわけではないし人気だって十分あるわけなので、やっぱり同じように、海外に出ていく。そして、今後もっとも注目すべきなのが、「え?韓国の1位?そんなもん最初から俺ら別に・・・」とでもいいたいのか、最初から無駄な過当競争を見限った新人グループ(ATEEZとか)までもが、早くからワールドツアーを堂々とやろうとする、ちゃんとやれるってことだ。新人であろうとベテランであろうと、海外では関係ないので、需要さえあれば全然行けちゃう。てことだ。その辺すごいと思う。BAPみたいに早くからワールドツアーばっかりやってたけど、それ全部ハッタリだった(大赤字)っていうオチはないのだ今は。そして、海外での人気の方がもっぱら高いといわれるグループ(LOONAとかRedVelvetとか)が、なんか違う策を練ってる雰囲気が漏れ伝わる一方、「いやいや欧米は広すぎて疲れるので、うちらは市場規模では一歩も劣らないニッポンに特化して攻めたおしますよ!」っていうグループ(SEVENTEENやOhMyGirlやテミン)もたくさんいると。てことで、いずれの場合にしても、これじゃあ韓国内1位へのこだわりや頑張りが、どんどん薄くなってるよなぁという感じがする。

 

1位になるには、なんといってもファンの方々の手厚いサポート作業が必要なのだが、韓国内の消費者数だって有限だし、そもそも1位にになったからって、目に見えてギャラが上がるとか宿舎が豪華になるとか、1年間の安泰が保障されるとかってわけじゃなさそうだし。別に海外に仕事を求めなくても、1位になることを見限るグループが増えていくのは仕方ない。

だけど、そうなるとこっちとしては単純に楽しみも減ることになる。

私にとって、何よりも哀しく恐るべきことは「初めて歌番組で1位になった時のアイドルたちの大号泣シーン」が見れなくなるかもということだ。こんな悲報があるか。考えただけでも寂しい。あれ、好きな人いっぱいいるでしょ、絶対いっぱいいるはず。いつもはニコニコしてるアイドルたちが、一斉に抱き合い嗚咽をあげて号泣する場面だけでも、相当もらい泣きできる大イベント。その辺のしょうもない邦画の2千倍くらいは泣ける。お金を払ってでも見たい貴重なシーンなのだ。

私は、「1位号泣シーン大好き芸人」とまではいえない人間だが、まったく知らないグループにでも余裕でもらい泣きできるし、「ぐっときたベスト10」を考えるのも好きだし、あれがなくなると本当に寂しい。しゃがみこんだが最後二度と立ち上がれない人(VIXXレオさんです)とか、もっともしおらしく女性らしい泣き姿が大絶賛された人(AOAチョア様です)とか、全員泣きすぎて声が出ず全くスピーチできなかった異様な10分間(最終形Tiaraです)とか、驚きすぎて全員コケシのような塊になってしまった人たち(4人にゅいすとです)とか、本当に忘れがたい名場面がいっぱい。せぶちのクプス・ホシ・ウジ3人だけがまるで滝のように泣きまくってたのも懐かしいなあ。1位にこだわらないとか、1位になっても出演しないとかになると、そういうシーン全部なくなるわけでしょ。そのうち、歌番組のランキング自体、そして歌番組自体がなくなってしまったっていう日本の例もあることだし、そんな流れだけはやめてほしい。

PENTAGONとSF9が、2年半ずっと頑張ってきたのに、韓国で思うように1位になれないまま、このたびワールドツアーを始めた、っていう話を聞いただけで、秒でこんくらいのことまで考えてしまった。まあ私の考えすぎなんですけど。そこまで決めつけて悲観的になることないけれど、K-POP新時代はいろいろなにかと感慨深い。今回は、自分が特に思い入れが深い2グループのことだけを書いたけれど、同様のグループがうしろに山のようにいると思う。そういうグループも全部同じ。

思うように1位になれないからって、儲け損なうことはないし儲けようとするのは仕方ない。ただ、それとは別に、思うように1位になれなかったからこそ、それだけに、遂に1位になれた時の大号泣ほどすごいものはないわけで。そらもうこっちももらい泣きのレベルがものすごいことになると思う。それを思うと、やっぱり、なんとか韓国で1位獲るの諦めてほしくないなあ。ほんとに。

実際、どうだろう。解散とか活動休止までの間、どちらかが1位を獲るような事があるだろうか。やっぱりもう無理だろうか。正直わからない。もうちょっと時間あるよね。どっちでもいいから、やっぱり1位になってほしいかも。そして、ここぞとばかりもらい泣きさせてほしいなと思う。泣いてみたい。

【WayV威神V】「勝手が違う」し「よくわからない」のが、新鮮。

f:id:tenkomulan53:20190327225544j:plain

JYPの超大型新人グループ、ITZY。BigHitの超大型新人グループTXT。どっちもすごかったね。大きな話題と期待を裏切ることなく、いや期待以上のものを出してくるの、さすが~。5月には、YGブラックレーベルからソミが。秋には、PRODUCEXからボーイズグループが、それぞれデビュー予定で、バカ売れしそうだし、大手以外もすげー新人グループ多いし、新人以外もすごいし。2019年はどこも攻めてて、すごい~~。ちょっとした「バブル」を感じている私。活況というか、完全に成熟したよなーK-POP界って。

そんな中、SMだって、1月に新人グループをデビューさせております。
お忘れかもしれませんが、そう。WayV、威神Vのことです。結局NCTの名は冠せなかったけど、元はNCTChina、NCTvisionと呼ばれてた中国向けグループ。新人といいつつ、知った顔が多い再デビュー組なので、JYPやYGの新人ほど話題にならないのは、仕方ない。メンバーだだ被りな上、デビュー曲まで127のカバーとくれば、そりゃ注目度も下がるもの。だけど、業界のパイオニアであり、ずっとトップを走ってきたSMが、こんだけ時間もお金もエネルギーもかけて、や・・っとデビューまでこぎつけた中国向けグループなのに、なんか寂しい。ちょっとひどくないですか。私がSM育ちだからそう思うだけですか。ビジネス面の意義とかそっちの批評も聞かないけど、もうちょっと盛り上がってもいいんじゃないですか。

なーんていってる私だが、実は私、NCTについては、16年1月(全体構想ぶちあげ発表)以来、ずっと「それは無理&無茶」「そういうのを机上の空論という」「予想通りぱっとしないじゃんどうしてくれる」「いつまでたっても応援しづらい」「ファンを傷つけるという意味で罪深い」「NCTが売れるまでずっと最前線を譲ってあげてる諸先輩グループが儲け損ねてる」「このまま共倒れしそうで心配」と、数々の悪口を言い続けてきた。今でも、ファンを置いてけぼりにしてまで完成すべき世界観ってどんだけだよと思うし、もういいから次の新人はよ出せよとか思ってる。そんな私が、ここへきて突然、掌を返したように応援始めるなんて、ほんと信ぴょう性ない話だよね。わかる。節操なくて申し訳ない。

しかし、だ。しかしである。よーーく、私の話を聞いてほしい。
このたびの新人、WayV。よく見ると面白い。面白がれるとこがあるというか。これまでとは違った面白さ、エモさ、魅力があると思う。NCTの1つだと思わず、むしろそれとは関係なく、でもだからといってC-POPグループというわけでもなく、「中国で活動するK-POP新人グループ」として鑑賞するととても面白いと思う。汚れた心を綺麗に洗浄してくれるような新鮮な作用を感じる。これまでずっとK-POPアイドルを長く深く愛でてきた人であればあるほど、その効能はあがると思うので、ぜひ、覗いで見て欲しい。

じゃあまず、効能の前に、WayVの構成員をざっと説明する。
過去の中国向けグループ、SJ-MやEXO-Mとは違い「全員中国人メンバー」ということにこだわった。「1人も韓国人メンバーが混じってません。掛け持ちもありません。貴女たちと同じ中国人が中国語で歌って踊る純中国産のアイドルです!」ということ、つまり「完全中国ローカライズ」としているのだ一応。(宿舎はソウルにあって会議もトレーニングもソウルでやるのに)活動の場はソウルではなく、中国本土のみ。僕たち中国のテレビにしか出ませーーん的な。中国の皆さんに愛されることだけを目指して活動するグループだから、EXO-Mなどの失敗を糧に、そこは絶対完璧にクリアしないといけないとこだった。やっぱ、掛け持ちはいかんし韓国人もいかんと。
ところがこれは、実はクリアできてそうでできてない。中国で生まれ育ったメンバーは、クン、シャオジュン、ウインウインの3人だけ。国籍をみても、中国、タイ、香港、マカオ、ドイツと実に5か国の多岐にわたり、純国産ではなく、正確には多国籍グループなのだ。「いいですやん、見た目が中国人なんだから」とSMはいいたいだろうが、f(x)の時、あれだけ多国籍グループだといってきかなかったのはSMの方だ。クリスタルをアメリカ人といってきかなったし、アンバーをガイジンといって譲らなかった。あれが多国籍なら今回も多国籍だろう。一方民族的血統を見ても、両親ともに中国人なのも先の3人のみで、あとは、中国とタイのクオーター(テン)、香港とタイのハーフ(ルカス)、台湾とドイツのハーフ(ヤンヤン)、ヘンドリにいたっては、両親ともマカオ人。ギリ中華系も危ない人いるのに純国産グル-プとはとてもいえない。出身地をみると、福建省浙江省は台湾の対岸部、広東省、香港、マカオも同じ南部だし、もう極めて極めて南部のみに偏っているわけである。バンコク含め、海のあるとこばっか。湿気には強い7人だ。全員、中国標準語はあとから習得した地域出身者で(テンさん今も猛勉強中)、ルハンクリタオのような、大都会北京や上海出身の人が誰もいないのが特長。

もう1つ、自分からオーディション受けて芸能界入りしたのは、テンとルーカスとシャオジュン(芸能一家)だけで、あとの子は、いずれも北京に出て、音楽(クン)、舞踊(ウインウイン)、コメディアン(!)(ヘンドリ)の学校で学んでいたところ、多分SM(かSMの息がかかった現地スタッフ)にスカウトされて、SMに入ったと私は推測してる。全然関係ないことしてたわけじゃなし、アイドルに興味ある子もいたんだろうけど、ウインウインのように「何度説得に来られても僕はアイドルなんて全然興味ありませーーーん!」て言い続けてた子が、今やすごい成功例になってしまってるSM。今回はその方式でいこう!と思うのは無理もない。あ、なんか、ウインウインて、中国内の評判が高く、とても愛されてて人気高いらしい。今回、WayVで戻ってきたことを中国ファンは非常に歓迎してるらしいし、考えすぎかもしれないけど同地域で同様にスカウトしまくったのでは。SMにしても、クンやウインウインよく働くし文句いわんし、皆と仲良くできるし最高やないか、と。(クリルーレイは結局仲良くしてもらえんかった)

ヤンヤンは、中国本土には行ったことありませんといっても信じれられる完全な外国人。偶然、セクゾンのマリウス葉と同じ、母台湾人・父ドイツ人しかも00ラインの同い年なので、私は「ヤンヤンは金持ち」「ヤンヤンのママは宝塚」という妄想から離れられないのだが、ダンスコンテストに出て優勝したりしてるうち、SMに見つかって一本釣りされた模様。でもやっぱり金持ちみたいだ。ヤンヤンとマリウス、どこか似てて親近感わくわぁ。「見かけは天使、中身は悪魔」っていわれるとこもなんか似てるし。ヤンヤンも上智に来ないかなー。見に行くのに(絶対こない)。

 また、このたびの新人は、入社から短期間でデビューしたのも特徴。ルーカスでさえ短かった。スカウトして説得するのに時間がかかっても、入社してからは昔みたいにクソほど練習させることなく、必要最小限の準備で、あっさりデビューさせた印象が強い。まあ、みんな最初からできる子だし。テンさんクンさん長らく待ってたわけだしね。

んーー、結局ね。SMは、クリタオルーのことがよほど堪えてるんだろうと思ういまだに。繰り返しになるが、田舎育ちで毒されてなくて面倒臭いこといわなさそうな、ポテシャル高いけど芸能界偏差値ほぼ0、みたいな子。要は「すれてない子」が欲しかったんだよ今回は。新しい時代の子として。SMだけじゃなく、レイやルハンの時代って、芸能後進国である中国と中国人を下に見てたフシがあって「韓国人に混じって練習生にしてやるんだから、韓国人以上に苦労して練習して働くのは当たり前」みたくすごく偉そうにしてたと思う。(だからしっぺ返しをくらうわけで)あれから時代も進み、今や中国芸能界は、インフラからシステム、ソフトまですごいレベルアップ。もはや、何ひとつ中国人に偉そうにいえる時代じゃなくなった。今、あんな人種差別したら大変。それどころか、中国人は、目がでかくて背が高かったり脚長かったり運動神経すごかったり、フィジカルがミラクルだもん。「使ってやる」どころか「どうぞお仲間になって下さい」と頭を下げる時代になりつつある。そうそう、あとはその「顔」。南部のエキゾチックな顔で揃えたかったのかな。やっぱり海? 裏コンセプトは海の男?

 

そんなわけで、ソウルのNCT構成員は、長い熾烈な競争に勝ち抜いてきた優等生ばかりなのに、WayVはなんかほのぼの。呑気にぼーーとした面が強く残っていることが、よーくわかっていただけたと思う。
当然、せかせかしてなくてフレッシュで、明るく素直で元気でのんびりしてて、眩しい。私にはとても眩しい。Kのアイドルは、どこもかしこもできあがっててソツも隙もないが、WayV見てると「そうそう、この年齢の男子って、無防備にアホで無防備にカジュアルで無防備に美しかったよね!しょうもないこと言うし」という、昔の記憶が美しく蘇るのである。

そう。WayVを見る楽しみ、WayVを愛でる一番の効能は、ここにある。

こちらも、長くK-POPアイドルを追いかけて愛でてるうちに、すっかり目が馴れ、言葉や文化やルールや独特の風習、仕事のやり方を知りすぎてしまったのだ。昔は、韓国芸能界のことが何もわからなくて、徐々に慣れてく楽しみがあったのに、今やすっかりわかってしまい、わかりすぎてしまった。ほんとはわかっちゃないことも、わかったような気になってるのだ。

 

そこいくと、中国は、まさに新世界。何もわからない。
そもそも、中国語が全然わからない時点で既に新鮮!同じ漢字を使っていながらここまでわからんか!ってくらいWayVの話、わからん。あと、韓国人でない顔がもう新鮮!すごい新鮮!名前も新鮮!もう、食べ物も建物も慣習も考え方も、仕事のやり方も笑いのツボも、何もかも違ってすべてが新鮮!刺激的ですらある。韓国人の顔ばっか見てきたせいで単純に珍しい。

いいすぎですか。いいすぎでしょうね。でも、まだある。実はちょっと不便なのだ。そしてその「不便であること」もとても新鮮で楽しい。例えば、SMがいくら公式でいろいろ流してくれようとしても(実際やってくれてるが)、やはり、活動が中国本土のみとなれば、これまでと同じ韓国チャネルのままだと、便利かつ充分な情報が得られない状況になる。ソウルの面白いバラエティ番組でないのかーとか、連日やってる歌番組に出ないのかーというだけでも情弱で勝手が違うのに。不便。まあ、中国語を勉強したり、中国のファンを通じて情報とるとか、それならそれ様にカスタマイズすればいいだけだが、何もしないでぼーーっと待っていてはダメだということ。大体今どこにいて何してるのか、全くわからないの不安だし不便!て思うけど、よく考えたら把握してることがおかしいわけで。そういう意味であらゆる不便が魅力に映る。

 

そして、よく知ってたつもりの、既存メンバー、クンテンウインルカの4人は、中国に来てから明らかに変わった。正直とまどう。「えっ、キミらそんなお子だっけ?」的な。「うちの子ったら、幼稚園では、家とは全然違う表情するのね!」的な。テンさん毎日サイコーに楽しそうだし、ウインウインどこか偉そうでかっこいいし、ルーカスは逆になんかピリピリしてて怖いし。意外であった。。。みんな中国語だとわりとたくさん話すし、どんな姿も新鮮だ。本人たちにとっても毎日新鮮なんだろう。すごくいい雰囲気。なんで、ロンジュンとチョンロも連れてってくれなかったんだ。南部出身者でないとダメなんかなあ。いつか合流できるかなあ。

先日、クンが「小さい頃からずっと見てた憧れのテレビ番組に自分が出れて、ほんとに嬉しかった」といってるのを聞いて、クンは泣いてないけど、かわりに私が泣いてしまいました。ええ話や・・・。中国活動ならでは。今後、中国人ファンとの交流とか接触の場面でも、こういう、中国ならではの感動があるはず。そういうのも韓国とは違ってそうで面白そう。

 中国は、韓国と違って、厳しい年功序列がないからため口激しいし、お客様にど丁寧にペコペコするホスピタリティもないからカジュアルだし、アホみたいに過密したスケジュールじゃないから悠長だし、何より、スタッフや周りの人までカジュアル&のびのびしてそうなとこがいい。なんかこう大雑把で「おおあじ」なとこが。こんなんでいいんだよな本来。とか思っちゃう。
まるで、違う世界線に全然違うアイドルが気持ちよく活動してるような感覚だ。まだ、笑いのツボとかも全然つかめないので、は?ってことも多いけど、でも、なんか「世の中はとっても広くて自由なのだな~」と、平和を感じてしまう。綺麗で眩しくてそして自由で、なかなか気分いいのだ。

 

人によって、全然そう思わないだろうが、とりあえず今の私は、WayVに対して、そんなことを感じている。一服の清涼剤。気持ちが楽になる。ありがとう。
まだ、音楽のことやパフォーマンスのことは未知の領域で、それこそよくわからないが例えばBOAやテミン、チソンのように、小学生から訓練だけしてきた子とは違う、さっぱりさ、1つのことには執着してなくて多面的な感じがパフォにも生かされるといいと思う。ついこないだまで学校終わったら、友達と泳ぐか虫を獲って遊んでました!楽しかったです!みたいな、人生たっぷり余白だらけみたいなお子たちなので、ぷいっとアイドルを辞めてしまうようなリスクも感じるけれど、なんか、そういう自由性も含めて、SMアイドルとしては破格ののびやかさがあって期待するとすればそこだ。
これから、WayVは、オリジナル曲によるミニアルバム?を制作して、夏カムバックするとかしないとかいう話だ。なかなか、中国での活動は難しく、予定は未定といった部分も多いだろうが、どんなことも、SMという過度の品質管理バカ&コンセプト一筋バカというところも含めて、最後はやっぱり応援しないといけない、と思った。いや、思っている。
がんばれ、中国人。がんばれ中華系多国籍。頑張らないで頑張れ。今度こそ成功するといいね、だ。そして、私はこれからはNCT自体も応援する。やり続け何言われてもやり続けていく姿に感動しかかっている。誰に向けてのなんの宣言だ。最後まで読んでくれて、ほんとに有難う。

 

※言い忘れた。シャオジュンの父親と兄は芸能人なのだが、この父親ってのが、普段はそうでもないが、実はそこそこのドラァグクイーンらしい。そんな家族いるの、韓国のアイドルでもめったにない、てか今んとこ聞いたことないレアさなのに、なぜもっと騒がれないのかなぁ。ごくふつー「は?なにか?」みたいにしてるシャオジュン、すごい大物感。ひょっとして中国進んでるのかも。とりあえず早くその写真出してほしい。

 



 

 

 

 

 

【テミン】衝撃の「黒蛇とエロス」っ‼

f:id:tenkomulan53:20190212222106j:plain

貴女を誘惑するエロスの王子ですって。

私、蛇は嫌いなんです。いや、蛇が!嫌いなんですよ。
多分、生きてる物で目に見えるもの(ミジンコやばい菌は見えないので)の中では、蛇が一番嫌いです。蛇に比べたらGなんて、かわいいもんです。トカゲも苦手ですがまだ脚があるだけ全然マシですよ。ええ、ええ。全然次元が違います。
それなのに。K-POPのMVには、本当によく蛇が登場します。思い出したくないので数えられませんが、私にしてみれば、ほんとしょっちゅう出てくる感じ。ほんとやめて頂きたい。そして、今回のテミンちゃんソロ。「WANT」っていうんですけど、それがまた蛇だらけで・・・。「きえ~~~~~っ‼」つって、持ってたスマホを思わず投げたくらい、そんくらいの衝撃でしたええ。ええ。ほんとです。
テミンちゃんの振付もですね、ミョーにくねくねしてて「あれ、なんか変」と思ったんですけど、よく考えたら、あれ、きっと蛇の動きを真似てるんだと思いましてね、ほかにも、上半身を黒蛇に這わせてみたり、周囲をたくさんの黒蛇に囲ませてうねうねの中心にいたり、やたらヘビ推しで、独特なんです。
「なんなんコレ。一体なんの歌?」と思った私。珍しく歌詞を見てみましてね(普段歌詞は見ない)そしたら、恐ろしいことがわかりました。


テミンちゃんは、「貴女の性欲(とか身体のいろんな欲)を目覚めさせ、もっとHOTに生きるよう煽るエロス王子」らしいのですどうも。なんと!藤井隆か。あの、テミンちゃんがエロスコンセプト! しかも誘惑する側の!しかも蛇遣いの!これは思い切りましたね。
あれですよね、旧約聖書のお話。アダムとイブに禁断の林檎を食べるよう薦めたのは、蛇でした。神様の教えに背き、悪い蛇の誘惑にのって、リンゴを食べてしまったアダムとイブは、初めて悪という観念が芽生えたんですよ、たしか。食べた途端に自分が全裸なことが突然恥ずかしくなった、とかそういう話がたくさんあったような・・・。結果、神様の怒りをかって、エデンの園から追放されてしまったアダムとイブ。それが今のすべての人間の祖先になっとるわけです。善と悪の両方を観念をもつ生き物として。あの話を土台にしてる歌なんですよきっと。

そういうコンセプトなんでね、歌詞もですね、「これKBSで放送できんの?」くらいのセクシー&エロスなんですけど、それにしても「テミンちゃんが悪の権化で、黒蛇たちがその遣い」だなんて。やっぱ衝撃的。黒蛇の親分てことでしょ?そりゃ、蛇も出まくるわけですよ。蛇遣いだもの。
でも、曲はいいんです。今回のアルバムは全曲すごくいい。ハズレなし。テミンちゃんはソロになってから、日韓でいろんなコンセプトに挑戦し、傑作を出し続けてるわけですが、今回は、ぐっと大人エレクトロ路線に寄せ、全体的に「カロリー高めでお味も濃厚」といったアルバムになっています。全曲、欧米人(言い方)の作曲家らしいですが、EXOでいうとEXODUSにあたるような、劇場型です。ソロデビューアルバム「ACE」も劇場型の傑作ですが、あれの大人版といった感じ。(いえばいうほどわかりづらい解説)楽曲はかなり私好みで、大好きなやつです!全曲短いのもいい!これで蛇さえなかったらなあ。私は二度とあのMV見ることはないと思いますが、その分アルバムは聞きこむと思います。


ところで。
テミンちゃんといえば、私の中では、「いつまでたっても、わからない人」として有名です。
初めてテミンちゃんを知ったのは、SHINeeデビュー後、随分たってからで、すっかりトップアイドルになってました。でもまだ高校生くらいで、それはそれは、かわいくて清らかで美しく、お人形のようでした。以来、ずっと好きなのですが、テミンちゃんは当時から他のアイドルと違って、何を考えてるのかさっぱりわからないお子でした。最初は、幼いからかなと思ってましたが、高校卒業しても成人しても、ソロになっても、全然わからず。思いもつかないような受け答え、逆をつくリアクション、予想できない喜怒哀楽、何をとっても(私にとっては)突拍子もないのです。なぜ、今笑う?とか、なぜ今その話を?とわからないことだらけです。天然というよりも、多分、感じ方考え方が私と全く違うんでしょうね、私にしてみれば、ただただ「つかみどころがない」アイドルなのです、テミンちゃんは。
(自分のこともわからないのに、他人のことがわかるとかわからんとか、ただの奢りでしょうが、それいいだすと何も話が進まないので、ここでは以下「わかったつもり」「わかったような気がする」というふうに転化していただく、という事でお願いします)ま、実生活でも、数人いますからね、仲のいい友達でも「いつまでもわからない人」って。

 

ついでにいうと、keyちゃんは、私にとっては「手に取るようによくわかる人」です。
ああこれは嫌だろうな。これは嬉しいだろうな。絶対怖かったよね。わーこれは死ぬほど悔しかったよね今夜から猛特訓するだろうな。はっはーなるほど。そりゃまあそうなるわな等々。というように、keyちゃんの場合はすぐわかる(わかる気がするってこと)。もひとついうと、カイ君がこれまた全然「わからないひと」なんです。デビュー前から現在まで、一体何を考えているのやら私にはさっぱりわからない人物ですが、それゆえ、そんなカイ君とテミンちゃんがすごい仲良しという事実は、実に納得できるのです。私にはない感受性を、カイ君とテミンちゃんは同じように持ってて、それで繋がってるんだろうなと。ファンだってただの人間ですから、よくわかるアイドルと全然わからんアイドルがいて当たり前っていう話ですよねえ。


そんなわけで、テミンちゃんは、「どこまでいっても、わからないひと」。
私は、わからない人については、無理にわかろうと努力しない。と決めています。どうせ考えてもわからんので。そのおかげで、テミンちゃんは、どんな極端なコンセプトを持ってきても(最初はビックリするけど)わりとすんなり「でもテミンちゃんだもんな」とストンと腑に落ちるのです。
思い起こせば、「ACE」の天井桟敷の人さながらの古典的劇場感にしろ、「さよならひとり」「Flame of Love」の完全二次元コンセプトにしても、「MOVE」のモダンダンサーコンセプト(?)も、それぞれ、まったく違う世界観の、まったく違う音楽とダンスなのに、テミンちゃんがやると、どれもこれも違和感がなくなって「ストン」と似合う。そしてその完成度に感動できる。

これは、テミンちゃんがただの容れ物だからという気がします。この人はこういう人だ、という縛りがない分、何になっても「ああこういう人だったのか」と毎回思える。また、テミンちゃん自身に、こだわりとか好き嫌いという自我が感じられないせいで、演者であるテミンちゃんではなく、作品の完成度だけが高まっていくような感じがする。そうです。テミンちゃんは、ただの容れ物というかアンドロイドというか、なにかこう歯車の1つ、素材に徹してる感じがするんです。不思議な人だわ。

 

もちろん、テミンちゃんも生身の人間。デビュー12年目、今年26歳にもなる大ベテランで普通の大人ですから、本当はしっかりしてるのです。特に数年前から、これまで秘密にしてたことをベラベラ喋るようになって、やたら人間的アピールがすごい。
突然「初恋はまだといってきたけど、本当はつきあってた子がいる、僕の方が好きだった」と発表してみたり、「君は声が悪く歌が下手だから、デビューしばらくは口パクで行け!といわれて全然歌ってませんでした。悔しかったです」と暴露してみたり、「このままではK-POPは滅びると思うので皆危機感をもってよく考えないと」と業界を批判してみたり、絶対泣かないテミンちゃんがTHE UNITでは友人の為に堪らず泣くとか。チソン君が学校に一人も友達がいないとしょげると「僕が!僕を友達だと思って!」と肩を抱いたり。「ああやっぱり人の子なんだなあ」(当たり前)「年相応のことができるんだ」「普通の社会人なんだ」と思ったもんですよ。自我がないどころか、きっとアルバム制作においても、ステージパフォーマンスにおいても、自らブレーンに交わって考え抜いているのかもしれない。いや、そうでしょう。

でも! こちら(特に私)にしてみれば、その完成度の高い作品、何を見ても聞いても、そこにはテミンちゃんの魂の叫びとか、強いメッセージ性とか、そういうのが感じられないのです。極上のダンススキルにしても、レベルが高いことはわかるけれど、あの美しいお顔と中肉中背のボデイで踊る様子からは、本人の欲やメッセージは感じられない。テミンちゃん自身は無味無臭無色。何にでも染まるというか。この思いを伝えたい!というよりは、コンセプトの世界観を完成させることに入念なんでしょうね。パリコレのモデルは、服だけを目立たせて自身はまるで黒子に徹してるじゃないですか、あんな感じ。やっぱり、keyちゃんのソロ曲と比べると明確です。彼は何を考えて何をやろうとしてるのか、そこから出発して頑張ってコンセプトを消化した!って感じが伝わるのに、テミンちゃんは消化というより、そのまま「変身する」って感じ。テミンちゃんという容れ物に、今回のコンセプトをいれる。って感じが。繰り返しになりますが、それだからこそ、あんなに次々と極端なコンセプトを繰り出しても、どれもハマるし似合う。どんな服もどんな音も、一切汚すことはない。多分この先30歳、40歳になっても、その感じはかわらないだろうし、それこそがテミンちゃんの一番の魅力なのかも。

 

自分にとってのテミンちゃん感、ですので、なんの根拠もない抽象的な話でしたー。申し訳ないです。
具体的に好きなとこをいっておくと、ボーカル。ほんとにボーカルが力強くなり、とんでもなく表現力が増してきてるのがすごいです。私は、全部裏声で歌ってるようなテミンボーカルが当初あまり好みではなかったのですが、それこそ、悔しくて必死で練習したんでしょうね、じょじょに地声もよく出るようになって、「Flame of Love」では完全に、裏声と地声の切り替えが使い分けられるようになって、今回は、苦手だった中低音も素晴らしく出ていて、ほんとに感服しました。ボーカルに関してはもはや余裕さえ感じられます。すごいよーほんとに。
あと、当たり前ですが、ご尊顔が美しくていいですね。何をしても汚れない。大人っぽくなったし。美しい顔をしたアイドルは、た・・・くさんいますけど、テミンちゃんはやっぱり独特。整ってるとかイケメンとかそんな現実的な美じゃなくて、何も見てない聞いてないというか、妖精みたく現実感がないところが。カスミ喰って生きてる人ってああいう顔してると思う。あー。やっぱり、顔だけ見ても何考えてるのか、さっぱりわからん顔してるよね。つかみどころのない人だなー。

 

ってことで話は元に戻る。
結論からいうと、今回の「黒蛇とエロス」、テミンちゃんだからこそ、完璧に演じられるコンセプトかも。こんなもん、○○○○とか○○〇とか(適当です)が挑戦したら、いや、誰がやっても、ものすごくエッチになるか下品になるか、どっちにしても生なましくてて、汚くなると思うんですよねえ。それを思うと、やっぱりテミンちゃんしかできない。今後も、誰にも真似できない、極端なコンセプトに挑戦して、素晴らしく美しくてかっこいい世界を見せてくれることを期待しています。こういう人がいてほんとに幸せだなとさえ思いました。
しつこいけど、黒蛇のMVはこの先死ぬまで見ることはないと思いますが。


f:id:tenkomulan53:20190213125104j:image

f:id:tenkomulan53:20190212222536j:plain

こんだけ嫌いといいつつ貼っちゃう。静止画は平気なので。

あれだよね、黒蛇って、内視鏡胃カメラとか大腸カメラとか)そっくりだね。 

 

【GFRIEND】「パワー清純」原点回帰でヨチンの暗さが光る!

f:id:tenkomulan53:20190131143403j:plain

いつまでたっても清純が似合ってしまうのは「暗い」から

SMAP、安室さん、タキツバ、西野カナちゃん、そして嵐・・・と、長く活躍してきたニッポンのトップアイドルたちが、続々とステージを降りていきますね。逆に、こんなにも長年にわたって、トップアイドルに君臨できてたって事の方が、ニホン独特というか平成ならではというか、他国にないすんごいことなんですけどね。まー、でもその平成そのものも終わっちゃいますし、なんつーか、あれもこれもひっくるめて、世代交代ってことなんでしょうか?(ざっくり) 

 

そんな折も折。
おとなり韓国でも、世代交代が着々と進んでるようです。韓国は、芸能界の歴史自体が、日本とは比べられないほど短く、まだまだ新陳代謝が激しいため、4~5年?でもうトップアイドルの顔ぶれが変わっていくので、面白いっちゃ面白いけど、見てる方は忙しい。あーそうか。だから、あちらでは10代20代の子が楽しむものってことになるのかぁー。などと今更思ったり。
今年は、大手3事務所がドドンと新人をデビューさせるし、中小事務所も頑張って育ててきた新人をドンとデビューさせる年に当たっているので、久しぶりの大豊作&大攻防戦になりそうです。エポックになるでしょうか。最近のK-POP新人グループって、新人だからって「最初はとりあえずフレッシュに」とか「まずは、かわいこちゃん(清純)路線で」という原則を無視して、いきなり、5年目の中堅ですか?みたいな本気曲で勝負デビューしてくる新人が増えているので、パッと見ただけでは、新人なんだか中堅なんだかわかんなくなってきてて、かと思えば、逆にそこをついて「あえてのフレッシュ路線」で攻めるグループがあったりして、あの手この手で楽しいことは楽しい。

 

楽しいのはいいんだけど、そんなことより(そんなこと?)、今年から、日本人メンバーによる純韓国産K-POPグループが、堂々とデビューしてきますよこのニッポンに! 奥さん、どうします? 私ちょっと気にしてますのよ。
全員日本人で!全部日本語で!上手に歌って踊るかわいこちゃん!はたまたかっこいいイケメンたち!しかして、その正体は、なんと韓国国内でトレーニングとスタイリングを施された純韓国産K-POPグループだったのですっ!ってお前はスパイか何かか!なんの目的があってわざわざ韓国産なのっ! ってそんなもん、見てわからんわ! いや。でも、見てわからないことがあちらの目的なんだからそりゃそうか。でもでもでも、そんなの、K-POPグループといえるのか?いっていいの?いわないで隠してるとこがポイントなの?どういうこと!
 私の中では、最低、①韓国人がメンバー(日本語ぺらぺらでもいい) ②韓国語で歌う(日本人でもいい) の、どちらかの条件を満たしてくれないと、もうそれはK-POPとは呼びたくないよ。定義はなに。。頼むよ。もちゴリ。そこは勘弁して。。。
もちゴリはTWICEが日本でバカ売れするもっと前から、この構想を夢のように抱いてお金を貯めていたというので、今こそ!という気持ちで日本人グループを準備してるんでしょうが、そもそも、TWICEがここまで売れたのは、韓国のプロデユーシングやスタイリングが優れていたからではない。は?勘違いすんなよ。っちゅーことわかってんのか? 日本のアイドルグループだって、優れた曲や優れたスタイリングしてるとこ、普通にたくさんあるし、歌やダンスの技術も、その気になればすぐに習得できるってことは、咲良や奈子で証明済じゃんか。ただ、歌番組がほとんどない今の日本において、日本のアイドルグループの歌を見たり聞いたりするには、必ずお金がかかる。そういう制度なんで。だから聞いてもらう機会がほぼないってだけだ。見れないものはないも同じ。だから知られてないだけ。だから売れてないだけだ。それで、アイドル事務所そのものがコスパの悪い歌商売をさせず手っ取り早く儲かるバラエティ番組ドラマ映画のみに走ってるだけだ。歌やパフォの質が劣ってるわけではない。韓国は、MVほかあらゆるコンテンツを、超大盤振る舞いで、全部無料で開放する思い切った国なので、幼児からお年寄りまで簡単に歌が見れる。それだけのことだ。
ほんとのこというと、もちゴリ以下、韓国の事務所側も、そういう事情はよく理解していて、「ニッポンが権利の考えを変え、動画無料解禁に踏みこむ前に、どーーっと攻勢かけて一気にK-POP日本人を売り込む!勝算ありっ!」と思ってるんだと思う。実際そうかも。賢いじゃん。と思ってしまう。
何より、中学をやめてでも渡韓し、1人きりで言葉もできないのに練習生になり、どんな苦労してでもK-POPグループとしてデビューしたい!!と願うニッポンの若者が、そう、そこまでしても歌って踊る仕事をしたいという若者がこんなにいることに感動。あちらとて人材なくして日本人グループなど作れないわけだから。そんなにすごいやる気を見せられたことってあります?まだ10代の若い子の。それすごいエネルギーですよ。正直驚く。わざわざ、韓国経由しなくても、日本の芸能界さえちょと変われば、普通に日本でアイドルになって活躍できただろうに。ものすごい人材を流出させまくっとるなー。勿体ない。なんだか、ニッポンてほんとに遅れてるし頭悪いなーー、しょうがないよなーーと思っちゃう。苦労してる中学生がかわいそうじゃんか。その母親とかもかわいそうじゃんか。デビューできなかった子達はどうしてるの?今後どうするのかしら、とか余計な心配したり。。。

 

私がなぜ、JYPやYGの日本人グループが「悔しいけど売れるかも」と思ったかというと、やっぱり、IZONEのことが大きかったからです。例によって、PRODUCE48を見てなかった私ですが、気が付けば、すっとデビューしてささっと新人賞を総なめしてしてたIZONE。やっぱり、ものすごくかわいくて魅力的で大好きになっていた。そして、何より自分が思っていたよりずっと、IZONEの日本活動は本格的というか本気だったのだなとわかったことが大きい。AKB活動は一旦中止して、IZONEに専念するといってたので、これまでのK-POPグループが日本デビューするような恰好で、たまに日本語に訳したシングルを出して1回テレビに出るくらいの活動かと思いきや、いやいや、がっつりどっぷり本気で日本活動するみたいで。いや、日本活動ってか、もはや、普通の日本人による日本のアイドルグループとしてやっていく気持ち満々じゃないですかアレ。まるで、咲良奈子ひぃちゃんが、「今度、私たち3人がお友達になった韓国人メンバーと一緒に新しいグループを作ってみましたーーー!みんなかわいいので応援よろしく!」とでもいってるかのようなホーム感。まったく違和感なし。地続き。日本人メンバーのアドバンテージが見てとれるのです。そうか。なるほど。韓国人に混ざって厳しいオーディションを受け、かろうじて合格した日本人メンバー3人、ではなくて、こちらが最初から韓国人を合法的にごっそり手に入れる為ひと芝居打ったのだよふっふっふ。という声が聞こえてくるよヤスシ・・・そういうつもりだったのかヤスシ・・・さすが商売上手ねすっかりやられたわ。。。
そんな私がとうとう見てしまった「好きといわせたい」MV。なんというかわいさ、きれいさ、かっこよさ。一発で歌を覚え、即キリングパートを歌えるまでに魅了された私。売れる。これは売れる。3年前、中本悠太は、私がいくら望んでもK-POP業界やSMの裏方話や、韓国人てのはそもそもね、などという話、い・・・っさい喋ってくれなかったけど、そこいくと、咲良は、かなりオープンにべらべら喋ってくれてそれがまた嘘ついたり盛ったりしてると思えないリアルで正直な話ばっかりで、これぞ日韓グループとしては最高の形。私は長年そういう話を聞きたかったんだよ咲良。なんだかんだ日本での仕事続けてんじゃん。すごく満足。SMのように「絶対に喋ってはいけない」ことだらけの事務所ではなく、ハナからヤスシ息がかかってたグループなので比べられないけど、悠太やサナミナモモは一度韓国人に生まれ変わって今は韓国人として仕事してるようなとこがあります。咲良たちは、いつまでたっても日本人のままで、しかも今もAKBメンバーとしてその立場で喋ったり仕事したりしてるから(失業する心配もないし)、どうしても余裕で旅行気分になってしまう。でも、その韓国旅行スタンスが我々日本にいる日本人にしてみるとやたら有難いしわかるし楽しい。そういう意味で、IZONEはもはや完全に日本のグループだといえるし、こういう感じで攻めてくるなら、JYPやYGの日本人グループだって、普通にめっちゃ売れちゃうだろうなと確信した次第。そして、その売れっぷりを見せられても、私のようなへそ曲がり意固地人間も、嫌な気持ちせず、普通に応援できそうだなと。さあて、果たして、今年のニッポン市場、どうなるでしょうか。

 

だからなんなんだ。GFRIENDの話をするつもりだったのに、ついつい長くなってしまった。

ええっと、ざっといいますと、GFRIENDヨジャチングといえば、私の中では「やっぱり暗い」という話です。なんだそれ。

 ほんとは、全然暗くないのかもしれない、きゃぴきゃぴ賑やかで明るいお嬢さん方なのかもしれません、いやきっとそうなんでしょうね、ほんと申し訳ない。でも、私の脳に刷り込まれたデビュー当時の「暗い」イメージは、デビュー当時の学校三部作やその後ナビレラ「パワー清純」コンセプトに、あまりにもピッタリで忘れられないのです。なんかこう顔が暗かったよね。暗くてほんとに素晴らしかった。K-POPらしくて。あれがもし、見るからに健康優良児の笑顔溢れる明るいグループが歌ってたら、絶対あそこまで売れなかったし、ブームにならなかったと思う。そういう意味では「暗い」というのも、プラスで魅力的な要素です。

そんなヨチン。なーんと、デビュー5年目に突入するってっご存知でした?そんなベテランになるというのに、今年、リリースしてきたのが「sunrise」が、まさに原点回帰のパワー清純そのものなんです! 2年ぶりにパワー清純復活ですよ!


そうなんです!17年、清純派から脱皮すべくリリースした勝負曲「FINGERTRIP」がコケたあと、完全にコンセプト迷子になってた期間がなんと2年間。それでも踏ん張って売れ続けてたのはすごいが、このまま緩やかにトップの座を降りつつあるのかな、と誰もがうっすら(?)思ってたところ! この「sunrise」ですよ。バリバリの原点復古!そして、これが思わぬ(失礼)大ヒット!やるぅーーーの声がとまりません!
5年めで「パワー清純!」に戻るとは。だって、もう誰も高校生はいない、どころか、結構な大人の女なのに、こういう曲でちゃんとヒット出せる!のが本当にすごい。私は、これで、彼女たちの「暗さ」が、高校生特有、新人特有の素朴さから来ているのではなく、あの子らが持って生まれた天性のものなんだなと確信しました。多分、ヨチンは何歳になっても、例え中年になっても、あの暗さというのは失わないんだろうなと思います。

とはいえ。5年目は5年目なのです。2年のブランクは2年なのです。そこらへんは、いくら若いといえ、時間は重ねていて、ヨチンの暗さも少し趣が変わっていることに気付きます。10代特有のぽっちゃりしたぜい肉やパーンと張った肉はなりを潜め、皆さん、すっかりお痩せになられものすごく細いのです。メークもそれなりに厚く施され、ヘアも染めたり巻いたりそれなりに派手におなりです。普通、それらの変化は「華やかになるために」「綺麗になるために」やるものです。ひとことでいうと「垢抜けする」というやつです。しかし、これをヨチンがやると、アカヌケとか華やかというよりなんだか「怖い」。どこか痛々しい。その辺が、さすが天性の「暗さ」を誇るだけあります。痩せすぎのユジュなどは、見るからに怖い。顔などさらに暗いし。オムジだってシンビだってウナだって見事に痩せたし、もともと細いソウオンでさえさらに痩せてて、なんかもう貧相、とかそういうレベルではなく、ほんとに恐ろしい。怖いし暗い。ホラーか。
デビュー当時は、暗い→でもかわいい、そこがかわいい。となって売れていました。今のヨチンは、運営側の狙いとしては、暗い→でも綺麗、そこが綺麗。といってほしくてやっているのだと思いますが、う~~ん、ちょっと私にはムリ。アカヌケどころか、どこか無理してる感じが出てて、怖い怖い怖い怖いと思ってしまう。また、あの歌どんどん迫り迫ってくる感じするので、いい曲だけど怖いんですよ。どうです?奥さんは。どうかしら。あの暗い綺麗さが好きな人っているのだろうか。ま、どっちにしても、パフォーマンスは相変わらず見事で、盆踊りみたいな振付はヨチンにピッタリです。明るい人にはできませんし似合いませんしね。それもあってそして怖いもの見たさもあって、やっぱり2度3度と見てしまうのです、新生「パワー清純」を。ほかにはない魅力、強みですよね。あ、ただ、痩せるのも厚化粧もいいですが、くれぐれも倒れない程度にしてくださいね。

 

f:id:tenkomulan53:20190131145505j:plain

本文とは関係ないけど、最近みたK-POPらしい写真でよき。