お留守番のあとに。

TWILIGHTの振付が史上最高に幼稚園児プリティ萌えなので、きっとテレビで歌うまでに変更されちゃうと思う。

【LOOПΔ】終盤に向けて、盛り上がってついていこうと思う。

f:id:tenkomulan53:20171216230931j:plain

 

清純派美少女路線のアイドルがあまり得意ではない。

あれこれメークや衣装をがっつり作りこんでくるガールズグループの方が好きだ。なので、昨秋始まったLOOПΔ「今月の少女」も、その仕掛けづくりは面白いし、コンセプトのブレなさやクオリティの高さは評価しつつも、なんとなく前半はあんまり目がいかず、「ふーん」と思っていた。偉そうですみません。

 

あのね、でもね。
そもそも、「毎月1人ずつ美少女を公開していき、12人揃ったところで完全体ガールズグループとしてデビューする」というシステムなんて、絶対面白いに決まってるし、やれることなら誰だってやってみたいアイデアだし、「絶対オタクとかサブカル好き全員が好きなやつ!」じゃないですか。まあ、私も好きですけど! 

だから、鳴り物入りで始まった時は皆、きゃーっ、うおーっと飛びつくけれど、でも、このテの大仕掛けプロジェクトって、最初よくてもそのうちお金が続かなくなって、尻すぼみ的に消失してしまうとか、あるいは、なんとか当初の計画通りにいったけど、そこですべての戦意と経済力を使い果たしてしまって、その後が続かなかった・・・・。てことが往々にしてあるじゃないですか。往々にして! 往々にして! 

 

それにだなー。

大体、18カ月かけて12人の少女といくつかのユニットを公開、2018年春にグループデビュー。ってことは、いかにも、グループデビューこそが最終的なゴールにしてる感じがして、来春以降のグループ活動のこと、誰も何も考えてなさそうだし、全然面白くなさそうだなぁって、初めて聞いた時から容易に想像できてしまうじゃないですか。それに、改めて考えたら、12人の少女が毎月カムバ繰り返してたペースだったのに、そんなのに比べたらどうしたって、活動の回数が大幅に減るわけで!だからこそ、「グループデビューなんかしてしまったらそれこそ一巻の終わり!」っていう雰囲気がプンプンしちゃってるのだ。
と、そういうことも含めての「ふーん」だったのだ。

 

ところが、だ。

「今月の少女」が、じょじょに、清純派美少女だけじゃなく、ポップな子とかクールな子とか徐々にいろんなタイプの子が登場するようになってきて! 当然、その子のイメージにあわせた楽曲でMV作ったり、アルバム作ったりするので、ちょっと「わー自分好みになってきたなーー」と思って喜んだり。どう考えても、大物フィクサーが絡んでるんじゃないのか?ってくらい、じゃんじゃんじゃんじゃん、お金を湯水のように使うシステム(!)がいつまでたっても枯れず絶えず。。。。最初の豪勢な消費っぷりは、全然ハッタリでも見栄でもなくて、「予算はあといくらでも使えるんだなー」ってことがわかったきたり。(知らんけど)


というふうに、私にとっては、この夏あたりから、ぐっと、LOOПΔまわりの状況が変わってきたので、俄然興味が湧いてきて、大変、遅ればせながら、ちまちま見せていただいております。コサンの方、よろしくお願いいたします。

 

f:id:tenkomulan53:20171216225644j:plain

 

 

そうすると、見れば見るほど、知れば知るほどに、そのブレないコンセプト、高品質な映像ワークス、楽曲の選び方作り方から、プロモーション、細かい謎解きのしくみまで、本当に素晴らしい内容で、何を見ても舌を巻くばかり。一体、誰が何のためにここまで徹頭徹尾、妥協のないアイドルつくりをしてるのか。と不思議に思うくらい。それくらいよくできている。ほんと感心しちゃって不気味ですらある。一体、なんなんだろう。


LOOПΔの所属事務所は、Block Berry Creative というところらしい。
Lady’sCodeの事務所であるポラリス傘下のレーベルだったが、LOOПΔ立ち上げと同時に、音楽事務所としての仕事を開始。てことはつまり、LOOПΔが先で、その仕事を全面的にやるためにここをわざわざそうしたってことだろう。この事務所のこと、あまりわかってないみたいだが、そりゃそうだろう。LOOПΔをやるためにわざわざ立ち上げた事務所ならば、詳細な情報はできるだけ世間に公開したくないだろうなと思う。先日、このポラリスを逆にBBCが吸収したらしいので、今後は、LOOПΔ専門事務所から、ほかにも複数アイドルをみる音楽事務所として本格的に乗り出すものと思われる。


そして、ほとんどすべての映像作品を製作しているのは、DIGIPEDIというビジュアル制作会社。完全外部の専門会社で、これまた私はよく知らないが、随分前から、男女問わず人気のK-POPグループ(しゅじゅもウィノもしゃいにもろぶりずもおまごるもぐぐだんも、そして今大注目のどぼいじゅも。とにかくいっぱい)のMVなどを作ってきた有名な会社らしい。

そしてそして。一年半にも及ぶLOOПΔの総合プロデュースであり、長らくこのコンセプトを温めて練り上げてきた人、今まさにそれを実現せんとしてすべてのアイデアを出してる人、それが、チョン・ビョンギ氏(Jaden Jaeong)、その人である。

もともと、JYPの社員だったようだ。そこからウリムのA&R室長になって、そこで、Loveryzのデビュー前から全面的に関わり、その辺りから今のLOOПΔの元案を考えていた模様。そういえば、あの時もベビソルちゃんジエジスとか、先行デビューしてたしなあ。なんとなく、ろぶりずの清純美少女路線とLOOПΔ当初の感じ、どこか似てると思ったことあったが、根っこは同じだったって話だ。チョン氏は、15年にウリムとの契約が切れ、その後はフリーランスに。長年の夢であった自らの理想とするアイドルづくり、つまり、LOOПΔプロジェクトに本格的に取り掛かる、と。

 

と、まあ、ざっと、LOOПΔ及び「今月の少女」を作っているのは、このブレーン三つ巴。ということらしい。勉強になった。
で。この三者のどこの誰が、そんな油田でも持ってそうな大金持ちなのか、はたまた、その誰かからどこかのスポンサーに通じる金脈があるのか、さっぱり、見当もつかない。てか、もういいよって感じがしてきてる。だいぶ前から。「なんか知らんけどお金はあるみたいだ」という認識ありきで納得したので、不問に付す。

 

 いずれにしても、チョン氏の話をきいて、本当にこれは羨ましい話だと思った。
世の中にはアイドルになりたい!と願う少年少女がいる一方で、アイドルを作りたい!と思ってる大人がたくさんいる。その辺のオジサンやサラリーマンだってそうなのに、ことクリエイティブな仕事に就いている人たちにとっては、「自分のやりたいことを、やりたいように、やりたいだけ」やってアイドルつくっていいよ。なんて話、すごくない? すごすぎる。しかも!予算に糸目はつけないってことでしょ(勝手に)? 本当にすごい。もう、夢のまた夢。願ってもそんなこと、万に一人も叶えられないとんでもない理想だと思うから。そういう意味で、チョン氏は心底幸せ者だと思う。
これからも、(誰の金か知らんが)予算に糸目をつけず、一切の妥協をせず、思うようにやってくれたら、我々がちゃんと見てちゃんと楽しみますので、よろしくお願いいたしますといったところ。

 

さて。てことなので、自分にとっては、これからのラストスパートが、本当のLOOПΔ観戦。楽しみにしておりまする。「ふーん」とかいってすまなかった。
全体的にはなんとなく、各ソロもユニットも、静→動へ。アコースティック→ポップ・クールへ。 生足→カラータイツへ。という方向にどんどん進む感じがしているので、あと2人!そして、最後のカルテット1組! まさに、その辺の激しさでダンス曲がきたら、こんなに嬉しいことはない! 来ないかなー。まあ、私が喜ぶだけの話だが。なんかビジュアルのことがよく評価されてるけど、実は楽曲がすべていいんだよ、これが。


当初から勝手に悲観視してたデビュー後のグループ活動。これも、もう、グループのは、そこそこどんな曲でもどんなイメージでもいいので、春以降も、せっせとそれぞれのソロとかユニット活動をこじんまりと続けてくれたらいいかなって。そう願うことにしました。(mixnineに出てる2jinのことは心配してませんあれは好きな時に好きに断ればいいので)(あ、あと2人の少女も、もうこうなったら、日本人でもタイ人でも中国人でも美人で勢いがあればだれでもいいと思います!)

 いいのが来ますように。

 

【SEVENTEEN】せぶちの本質とはなにか。

f:id:tenkomulan53:20171208163413j:plain

 

SEVENTEENの話は難しい。

SEVENTEEN(以下せぶち)のことについて、何かまとまった話をするのは難しい。すごく難しくてなぜなのか自分でも不思議だったが、最近、それはつまり、せぶちというグループのクオリティが圧倒的に優れているからだということがわかった。
アイドルグループとして、身につけているスキルやパフォーマンス、キャラクターやサービス、雰囲気、礼儀行いにいたるまで、あまりにもよくできすぎていて、どれをとってもレベルが高すぎるために、どうしても表面的なそういう要素に目を奪われ心惹かれてしまい、本質的な特長を見逃し、見えにくくなってしまうのだ。


それでなくても、彼らはデビュー以来、ずっと自分たちで詩を書き曲を作り、振り付けを考え、アルバムのトータルプロデユースをするというクリエイティブなことができてしまうので、とことんアーティスト志望なのかと思いきや、実はそうではなく、若い子にわーきゃー黄色い歓声を浴びてちやほやされたいモテたい光を浴びたい!という、そこは普通にバリバリアイドル志望の子たちなので、このあたりの事情が、「一体せぶちとは何者か」っていう理解を、さらにややこしくわかりにくくさせているのだと思う。

 

 せぶちの本質とは、なにか。

では、せぶちの本質的な特長とは、なんなのか。それは、根底に「いいたいことがある」というところだと思う。
ざっくりいえば、表現欲とでもいうか。これこれこういう状況の時のこういう切ない思いを、世界中の人にむかって、「今俺は猛烈に大声で伝えたいのだーっ」という、すごい熱量を感じる。なにかいいたいことがあって、どうしても伝えたいことがあって、それゆえに歌いたいのだという姿勢である。これはアイドルとしてはやっぱり珍しいだろうし、発想の原点がやはりアーティストだと思う。私は、韓国語ができないこともあるけど、日本語でも英語でもほぼ歌詞というものを聞いちゃあいないし、気にもしない人間なのに、ことせぶちに関しては、あまりにも「何をそんなに…何をそこまで懸命に歌ってるんだろう・・・」と気になって落ち着かず、わざわざ翻訳詞を見に行ったくらい珍しいことをした。初めてのことだ。それくらい彼らのパフォから必死さと切実さを感じたってことだ。(結果、歌詞があまりにもよくできていてなるほどと心底感心したのだが)

K-POPアイドルの場合、活動における1つ1つの楽曲は、単なる「自分たちが有名になるための道具」でしかない。日本でもアメリカでもアイドルは同じだろうが、ことK-POPは競争が激しい分、極端なのかもしれない。男子の場合、カッコイイ曲は「自分たちのカッコイイ面を見てもらうため」に歌われ、カワイイ曲は「僕たちのカワイイ面もお見せします」のためだけに歌われ、しっとりとしたバラードは「僕たちの大人っぽく成長した姿をお見せしたい」ためだけに歌われるわけだ。いいたいことなど別にないのである。あっても、それは役者みたく、いかに「歌の主人公になりきれるか」という演技があるだけで、自分たちの本心ではない。
つまりは、活動する目的が、すべてアイドルである「自分たちの姿を見せる」ということなのだ。カムバのたびにガラリとイメチェンして、いろんな面を見せてくるのは、好きになってもらえるチャネルを少しでも増やしてるにほかならず、とどのつまりは「僕のことを好きになってほしい」ということなのだ。これが、K-POPアイドルの基本的な存在意味であり究極の目的である。「主体は、あくまで自分」。


ところが、せぶちの場合、表面的には、普通にアイドルらしく「僕らのこんな姿も見て!」という声をあげてくるけど、そもそも、「この曲ではこういうことを伝えたいっ!」という思いが、切実にそして明確にあるので、「主体はあくまで自分」とならないのである。せぶちの場合は、「主体は、曲の中の自分」ってことになってしまう。自分たちで作った曲なら、なおさら曲の中の自分は自分自身のことが多いし、いいたいことも伝えたいことも自分自身からひねり出したことなので、さらにいいたくなるだろうしメッセージは大きくなる。

非常に難しいところだし、すごく見えづらいところだけれど、こういうところこそが、SEVENTEENの本質なのではないかと、思っている。

 

 

自分たちのことをよくわかっている。

 f:id:tenkomulan53:20171206150011j:plain


さて。せぶちといえば、長らく続いた少年もの? 少年三部作などの10代の恋の、わくわくや切なさや逸る気持ちを歌った時期が段階的に終わり、2017年は、満を持して「せぶち大人路線」時期に突入した。デビュー当初から、ミニアルバムには、POPなものだけでなく、ロック調のものやHipHop色の強いものバラードなど、バランスよくいろいろ収録されていて、ライブでも披露してきたが、タイトル曲が「泣きたくない」、そして、「CLAP」ときて、もうほんとにこれはこれは、本格的に大人路線なんだなぁと実感した次第である。


私は、せぶちは精神的に「非常に健全で正しい上等な優等生」というイメージが強い(女子グループでいえばTWICEの位置づけ)ので、大人路線といっても、いわゆる「スレた感じ」「ワルな雰囲気」を漂わせるただの不良イメージは、あわないだろうなと思っていた。恐ろしく嘘っぽく安っぽくなりそうで。(てか、そんなことできるのかな?とさえ)それだけに、自分たちらしく大人路線に切り替えていくなんて、一体どうするんだろう。上質なライトポップスにでも?と興味があったので、普段アルバムはほとんど聞かない自分だが、「AL1」と「TEEN,AGE」は珍しくよく聞いた。
正直、最初は「なぁんだ、やっぱり、優等生なんだな~」というワルになりきれないせぶちの宿命を感じて、ちょっとがっかりしてみた私だが、そうではない。そうではなかった。あれは、ってか、特に「TEEN,AGE」は、わざとロックやHipHopをPOPにまとめあげてるんだと思う。そうなのだ。


せぶちは、もともと、「存在自体がPOP」なグループなので、実際のところは、ガンガンのロックも、ゴリゴリのHipHopも、オーケストラバックのクラシックバラードでさえもちゃんとこなす能力があったとしても、あえてやらないのだ。できるできないの問題ではない。そこは、やらないしやらなくていいってことなのだ。少なくても13人のメンバーと、会社のスタッフやプロデユーサーの考えとして、そういうコンセンサスがあるってことなんだと思う。
そんなふうに、せぶちは、自分の、自分たちのことがいろいろとよくわかってるんだなと思った。ただ単に、自分のいいたいこと伝えたいことを形にして活動したい、という強い気持ちだけで、突っ走っているのかと思ったが、意外にも、全体的なバランス能力に優れ、自分たちのことがよくわかっている人たちなんだと思う。


これまで、ほぼ全曲が、ウジ君作詞作曲によるものだったのが、今作大幅にそれが減って、その分メンバーや他者の提供が増えているのも、別にウジ君が忙しいとか限界で思いつかないとかそういうことではなく、これも、あえてそうしたんだと思う。ホシ君の振り付けが意図的におとなしく引き算してきたように。

いろんな組み合わせ、いろんな曲が次々と収録され、本当の意味での意欲作だが、誰が誰と何をやっても、結局POPになってしまうのはせぶちだからである。これはあえてではなく、どうしてもそうなってしまうというそれこそ宿命モノでどうしようもないやつだ。そこを無理して、斜に構えたワルにせず、そこは観念して、どんなジャンルでもちゃんとしたPOPにまとめあげた方がよいとする判断である。

賛否はあると思う。生ぬるいというレビューもあるだろうし、仕事が達者すぎて面白くないという意見もあろう。私だって、なにかひとつ足りない気がしないでもない。しかし、それは好き嫌いの話であって、せぶちの方向性としてはこれが正解だ。ボムズ兄さんだって、ほかではエッジの利いたアレンジができるのに、せぶちに関してはずっと微妙にダサいところにまとめるアレンジなのは、整合性あってのことだし、音楽だけですべてを表現するグループではないという証拠だと思う。つくづく、上等で健全で正攻法らしいせぶちならではじゃないだろうか。

 

でも、結局はアイドルとして存在したい(そうしてほしい)

  ここで、最初の話に戻る。
それほど、自分たちのいいたいことがあって、伝えたいことがあるというのなら、そして、それを表現するための歌も作れる振り付けもつけれる、ディレクションもプロデユースもできる。そして、自分のことも、チームのことグループ全体のこと、せぶちというものがよくわかっている、のであれば、もう単純に「アーティストになっちゃえば?」っていう考えもあろうかと思う。
しかし、もともとプレディス入所時から、全員、バリッバリのアイドル志望であり、そんな何かを表現したいなーとか何かを作って伝えたいなーとか思うような人ではなかったはず。人間なんでも最初の志がずっとものをいうもので、その後、いくらなりゆきで、自分たちで何でもできるようになっても、やはり彼らは、アイドル活動が好きだし、アイドルとして存在したいし、アイドルとして売れたいんじゃなかろうか。私、個人としては、昔から、アイドルが曲を書いたり詞を書いたりすることを、すごいなとは思うけど、そこまで大きく評価しないし、むしろ、忙しくて倒れられたりすることの方が嫌なので、その方が嬉しい。ぜひそうしてほしい。誰の曲の、誰の振り付けで舞台を仕上げても、結果的に、よいものを見せてくれれば、ファンは嬉しいと思う。自分で作ったものでないと「気持ちが入らない」とかいいだし始めると、ちょっと複雑だけど、どっちか選べといえば、今しかできないアイドルでいてほしいと思うよ。

 

プレディスという事務所、あるいは、何某とかいう代表、何年たっても私には何を考えてるのか、ポイントがいまひとつふたつわからなくて、なんともいえないのだが、せぶちには無駄にお金をかけてくれて、1つのアルバムから何本も豪華なMVを作ってくれたり、あんな情勢の中でも中華組だけフューチャーしたりMV作ったりしてくれて風変わりな事務所だと思う。どの程度、せぶちのディレクションにかかわってるのか知らないが、ある程度、メンバーの話し合いで決めたことを尊重しているのではないか。

にゅいすとのことだって、今や「素晴らしい未来予測」と褒めてるとこあるけど、あんなものただの「とんでもない博打」なだけであって、瓢箪からコマ的にうまくいって成り行きでプレデイスバブルに沸いているだけである。なりゆきだ。なので、これからも、せぶちのことに関しては、なりゆきとして、社としては、せぶちのメンバーが自主的に決めたことやりたいことを可能な限り叶えてやるというスタンスでどうか。プレディスは自分でなんかしようとすると失敗しそうだし、やたら綺麗めな格好することと綺麗めビビッドなMVを作るのだけは譲らないっていうのはわかったからそこはそうすればいいから、あとはすべて、どのグループのことも、もうなりゆきに任すという泰然自若でいけ!わかったか! と思った17年夏。プデユ以降の私だ。頼んだぞ。

 

【BTS】アイドルはファンダムとだけで世界を完結させてはならない。と思う。

 f:id:tenkomulan53:20171206144842j:plain

 

防弾少年団改めBTSが、「今、アメリカで人気!」という話は、ちょくちょく聞いてました。別に、信じてなかったわけじゃありませんが、こちとら日本の歌謡界のこともよくわからんのに(なんせ今年もっとも売れたシングルTOP10は1曲しか知らなかった)、アメリカ市場など疎すぎて、どれくらい本当に売れているのか流行っているのか、どこまで体感的にすごい!と驚いていいものやらさっぱりわからず、また確かめようもなく、おろおろするばかり。誰か私に「日本でいうと、ちょうど○○(ここにガイジンの名が入る)が流行った時みたいな感じだよ」とわかりやすく説明してくれないかなぁと思っていたのです。


そしたら、想像以上に、本当の本気で売れてるらしくて(ランキングやメディア露出値などの客観的な数字比較、あるいは日本メディアの突然の喰いつきよう)、掌を返す勢いで祝っております。それはそれは失礼しました。誠におめでとうございます! 本当によかったですね! 同時期にK-POPを聞きかじってる者としても、嬉しいです!しかも、防弾改めBTSさん、当然私も好きでしたし今も好きですし、そりゃ喜ばしい嬉しいです!おめでとう!ありがとう!です。

 

確認したいんですけど。
日本人もそうだったけど(なぜ過去形)、これまでのK-POP大スターの皆さんのように、一旦、自国・韓国活動をお休みして、本拠地を米国に移し、毎日ラジオ局を廻ったりパーティに出てコネを作り顔を売ったりしながら、何年も何年も、うまくならない英語と格闘しながら差別されたり区別されたりされた上、泥水をすすりジャリを噛むような苦労コース。ではなく、防弾改めBTSさんの場合は、かなり理想的な売れ方だったんですよね?

つまり、韓国内で韓国人スタッフ(とメンバー)によって制作された韓国語によるCD(とか音源)が、韓国でも売れたし、同時に全世界でも売れて話題になって、当然アメリカでも同じように売れて話題になって、仕事や賞にまでたどり着く。というコース。ま、今作までに全米にはBTSのファンが少なからずいたわけでその方たちの応援も熱かったんでしょうが。でも、こっちから土下座して頼んだわけではなくて、あっちから「来てくれ」と請われて訪米したんですよね? 改めて考えたらすごいことです。PSY先輩の時も、MV&YOU TUBEというツールが爆発的に機能して大流行しちゃって、あれも向こうから請われて出演してたわけですが、それに近いってことですよね。すごい!


私は、逐一その授賞式とかテレビ番組とか見てないのですが、ざっと見たものの感想だけ述べても、防弾改めBTSの皆さんは、全然ペコペコしておらず、あまり緊張してるようにも見えず、英語でぺらぺら喋ってるのはたしかにラップモンスター改めRMさんだけでしたが、他メンバーも別に無口ってわけじゃなく、へたでも英語で挨拶したり愛嬌出したりしようとしてたし、かなり自然体でリラックスしたムード。JIN先輩にいたっては、全米番組に出ても「ワールドワイドハンサム、JINです!」と自己紹介してて、その本国と寸分も変わらぬ明るさと楽しさと失笑ムードが、国宝レベル。すごいです!ちょっと、ほかのグループであれだけのムードを維持したまま全米番組出れるとこ、ないんじゃないですか? お見事。拍手してしまいました。なんか、服装やメークなども、非常にカジュアルで逆によかった。狙ったのか偶然なのかわからないけど、何もかも「いつも通りの僕たち」を、そのまま、アメリカに持ち込めたのが、さらに成功をかさまししたように思います。仲良しなのもいいし。


東洋人であること韓国人であることを、大したマイノリティだと思ってない(思ってるのかもしんないけど)、感じさせないとこ、とか、英語だってまあ1人喋れるんだからあとはいいじゃん、くらいのノリで(やばいと思ってんのかもしんないけど)、とにかくカジュアル&リラックス&堂々としてる&にやにやしてる。ってところに大感動しました。楽しんでるなぁって感じ。もう変に英語とか喋れなくても、てか、逆に喋れない方が格好いいかも。カッコよかった。おめでとう。音楽的なことがからきしわからないので、曲について何もいえないのが情けないけど、あとは本当にすごかったです!

 

それはいいんですけどね。

今日、私がいいたいのは、アメリカの話題ではなく、授賞式などのスピーチのことです。

必ずではないのですが、ラップモンスター改めRMさん(他メンバーの時もある)は、結構な確率で、第一声を「あ~みぃ~~!」の掛け声?からスピーチを始めるのです。いわずとしれた世界一(知らんけど)のファンダムを誇るBTS。その呼称がArmyであるということを知っている人が、この世に何人いるのか、会場に知らない人はいないのか、MCのお姉さんや俳優さんは知っているのか、ネットやテレビの向こうはどうなのか。そんなことは全くお構いなしに、メンバーは、とにかく、アミたちを大事に大事に思っていて、自分たちをここまでのし上げてくれたアミたちにまず感謝の言葉を述べたい!という気持ちでそういうのです。もちろん、呼びかけだけではなく、その後にたっぷり感謝の言葉を述べ、今後の抱負につなげます。


これまでもずっとそういってたのを私は聞いてきたし、よく考えたら、ファンに感謝の意を述べるアイドルグループは、BTSだけじゃなく、ほぼどこのグループでも同じ。これまで何度も聞いてきたはずなのに、最近、RMさんの、この第一声「あ~~みぃ~~」(大きめ)がどうもひっかかる。のです。そして、たまたま虫の居所が悪かったのか、先日の第一声あ~み~を聞いたとき、私はついに「アーミー以外には礼をいうつもりはないのか」と悪態をついてしまいました。


ほんと、こんなこといってると、私がアミたちに殺されそうですが、でも、BTSを応援してくれてる人はアミ以外にもたくさんいると思います。みんな、アミたちがここまでのしあげてくれたっていうけど、仮に真正ファンたちが24時間死に物狂いでサポートして、あるいは私財を投げうって売り上げに貢献してくれても、そんなことだけじゃ、ここまで売れるのは無理だと思うのです。

当たり前ですけど、すべて「ブーム」と名の付くものは、コアになるファンダム以外の、一般の「普段そんなことに興味のないおじいさんおばあさん乳幼児まで」が「あらちょっといいわね」と思うことで、できあがるのです。その数はとてつもなく巨大で、いちファンクラブに収まるようなそんな数じゃないんです。2ケタ3ケタ違う。だから「ブーム」というのです。それゆえ、あとから思い起こすと、ブームとはちょっとへんてこりんな「なんであんなもん流行ったんだろう」的な、プっと吹きだすレベルの事象が多いのです。古くは「およげたいやきくん」からピコ太郎まで、なんであんなものレベルで全部どっか変じゃないですか。


日本で、韓流ドラマやK-POP自体もブームだといわれ始めた頃も、プっと笑われるような奇異な感じをまとってたじゃないですか。今はブーム通り越して定着しちゃったんで皆なんとも思わなくなったけど、オカマレベルで化粧した男子がバキバキに揃ってダンスしたり朗々と歌い上げたかと思ったら、やたら、ペコペコしてお辞儀してくる姿は、やっぱり最初は奇異なものと映ってました。ほんと、定着してくれて、てかちゃんとした1ジャンルになってくれてよかったけど。

先ほどのアメリカで売れてるって話も、音楽そのものの評価もあるけど、一般のアメリカ人にとっては、「恋人はarmy」と真顔でいってのけるへんてこりん(白人にとっては奇々怪々)な「BTSとarmyのセット」がウケてるって部分、ありますよね?やっぱり、プっと笑われてる感じがそこにあるんだと思うんです。

 

あれ、なんの話でしたっけ。

えっと、だから、そういうわけなのでね、名前のついたファン(アミとかエクセルとかカラットとか)に感謝するのは当たり前だし当然の礼儀だと思いますが、その下に、その後ろに、何十倍何百倍もの名もなきファンたちが控えていて、売れる時っていうのは、そういう層がここぞとばかりに援護射撃してくれてるからなんだ。ってことを、すこーーーーし汲んでほしいな。
っと思ったのであります。別に他意はありません。

 

RMさんスピーチの何がひっかかるって、結局、第一声に呼びかけるところです。ほかのメンバーやほかのグループのリーダーみたいに、話の途中で、あるいは話の最後の方で、「そして、いつもいつも応援してくれる〇〇、本当に有難うございます」などというのは、全然ひっかからないし、むしろ「ええ話や~~」と思いますから。

 

第一声が、「あ~~み~~」になると、結局「BTSとアミ」だけで、世界が完結しちゃう空気になるんですよ。

その両者だけで世界が完結しちゃって、聞いてる方としては「あとは何もいらない」といわれてる気になって、疎外感ハンパないです。えっと、専門用語を忘れてしまったのですが、サブカルやオタクなど、かなりマニアックな趣味嗜好の世界の中だけで構築されている関係性を、そのまま、太陽の光のもとに晒すとき、世間一般層からその特殊な閉じられた関係性を見ると、カッコイイどころか、非常に陳腐にそして矮小にみえるものです。その地下世界でのルール(身内ネタ)を知らないからにほかならないからなんですが、まさに、その現象が起こるのだと思います。


BTSさんは、特にアミたちとの間に「掛け声のお約束ごと」があるわけではありませんが、例えば、アイドルがこういえば、それにこたえてファンがこういう!こういうしぐさをする!などの約束事があって、それを授賞式の舞台などで披露されたら、多分、一般層のお客さま(軽いファン)は、少なからずとまどうし、しらける。孤独感や嫌悪感もあると思います。軽いファンはそれくらいですみますが、本当の一般層(ただの視聴者とか)の人からすると、「なに自分たちだけ盛り上がってんの」「こういう場で身内ネタはふさわしくないなぁ」あるいは「し~~ん」「ぽかぁん」となるのかと。それがいわゆるなんとかっていう(だから用語を忘れた)、閉じられた世界で起こることは外に晒すと、陳腐で矮小に見えるってやつかと思います。

 f:id:tenkomulan53:20171205230619j:plain

 

別に、私は、ファンダム文化を否定したり嫌いなわけじゃなく、それどころか、あそこまでリッパに機能しているシステムはもう、ある種、クールジャパン並みに大きくて素晴らしい文化だと思っています。それだけで売れたわけじゃないと書きましたが、そもそも売れるというスタート時点に立たせてくれるのが、そういうファンダムのおかげだということは私も理解しています。大きな力には違いありません。
ただ、大舞台でのスピーチにおける第一声(中盤ならいい)をやめていただけるといいな、というそれだけです。昨年の人気大爆発から丸一年、まさかその勢いそのままで、あの勢い以上のことが起こって、今アメリカで売れて人気!だなんて、誰も予想できなかった、それだけに勿体ないじゃないですか。

あれ、喜んでるのアミたちだけで、軽いファンはいい気がしないこと、一般層には陳腐で矮小にみえてしまうということ、あと、エクセルなどの違うグループのファンたちにとっては、もっとも腹立たしい呼びかけなんじゃないかと思います。それでなくてもし烈な戦いを繰り広げてるのに、結構頭にくるんじゃないかなぁと。


まさかとは思いますが、こんなことで「けっ、いつもいつも感謝するのはアミたちだけかよ!もう応援するのやめる!」という人がライトなファンから出てこないとも限らない。ですしね。

 

ということで、虫の居所が悪くて、余計なことばかり書いてすみませんでした。この度は、本当におめでとうございました。これからも、ぜひ、どこへ行っても、その自然体でのびのびとした態度で活躍してほしいと思います。

【WANNA ONE】ひとは、アイドルにドラマを見たがる生き物である。

f:id:tenkomulan53:20171106163748j:plain

 

♪なんで~こんなにぃ可愛いのかよぉ~~(1999年大泉逸郎「孫」)
と思わず歌ってしまいそうになるのが今のWANNA ONE。かわいいの権化、かわいいの発光体、かわいいの無尽蔵製造機。何をしててもかわいいし、何もしてなくてもかわいいし、とにかく本当にかわいい。んもう、どうしてくれよう。このかわいさを的確に表現する言葉を考えるけど全然見当たらない。かわいいよ~と思い始めるといつも最後は♪なんでこんなにぃ~の歌が流れてしまう私だ。まさに。あの歌の真髄ってこういう心理だったんだと実感。演歌って奥深いんですね。っていうか、孫の威力ってそんなにすごいんですね。


しかし、当然だが、WANNA ONEは、かわいいから売れたわけではない。曲が素晴らしくて、売れたわけでもない。
こんなこといったら怒られるだろうけど、あの11人は必要不可欠な絶対的メンバーってわけじゃなく、仮にだ、誰かと誰かの代わりにセウンとサムエル、あるいは他の子が残ってたとしても、今と変わらぬ感じで売れただろう。そして、なんでこんなに可愛いのかよの答えは人それぞれでも、なんでWANNA ONE爆発的に売れたのかっていうことについては、わりと客観的に考えることができる。

 

なぜ、あんなにモンスター級メガヒットを叩き出せたのか!っていう今年最大のテーマについては、いろんな人がいろんな立場でいろいろいってるだろうが、私が最近よく思うのは、やっぱり「ぷでゅ2という番組が非常によく出来たコンテンツだったから」だと思う。まあ当然といえば当然なんだがな。
WANNA ONEができる前から番組は人気で、今回は、普段アイドルなんか見たことない層も一般層もオタクも含めて、大勢の視聴者が毎週まるでドラマを見るように、3か月間、泣いたり笑ったりしながら若者たちの悲喜こもごもを濃厚に見守ったのである。投票した人もただ見てた人も、視聴者全員を「国民の叔母」気分にさせ、まるで身内を見るかのごとく親密感親近感をもたせることに大成功したのだ。
サバイバル番組オーディション番組はこれまでもたくさんあれど、ぷでゆ2という番組自体が、その中で、ずば抜けて面白かったということだ。番組そのものが極めてよくできていたから、番組が終了しても、まだ、あの11人が、あたかも番組の続きをリアル芸能界という現実で毎日やってくれてるような気になって、そう、まだ番組の続きを見てる気分で応援してるんじゃなかろうか。だから、WANNA ONEのことが好きな人は、いわゆる脱落デビュー組のことも好きなはず。WANNA ONEだけを応援してるんじゃなくて、正確には、あの番組が好きゆえにあの番組から出たグループやユニットは全員応援してるって構図なのだ。まだデビューしてない子たちも含めて。


それでは、あの番組の一体どういう点が、そんなにウケたのか。っていうと、ひとことでいうと「人間ドラマ」?


私はつくづく「ひとは、気になる人物の中にドラマを見たがる生き物なんだなあ」と思うんだけど(年々実感していくので加齢によってその傾向が強くなるのかも)
例えば、アイドルの場合、どうやってアイドルになったんですか?の話を聞く時、ただ淡々と「オーディションを受けたら普通に一発で受かりまして、僕ダンスはかなり上手いんですぐデビューが決まりまして」などというドラマがない話は、別に聞きたくないのである。そんな話より「不器用で背も低いので、40回オーディション落ちまくって田舎へ帰ろうとしてた時、病弱の母親が内職で稼いだお金を持って上京してくれて云々」みたいなドラマティックな身の上話が大好きなのだ。不幸話に限らずなんでもいい。兄弟の話でも小学校のあだなの話でも詳しく「その子の背景を知る」ってのもそうだし、その子とこの子の間で起きた喧嘩とか励まし合い、普段のいちゃいちゃ、ふざけあい、その時のその子の気持ち。全部まとめて「ドラマ」が見たいのである。ひとにおけるドラマを見れば、ひとはその子を好きになってしまう、そういう生き物なのだ。

 

例えばだなーー。個人的に、私がもっとも大好きなドラマは、プレディス物語でなー。
そもそもにゅいすとがあの番組に出る時点でもう壮大なドラマが始まってて色々思わざるを得ないのに、その後、いろいろあって(詳しくまだ見てない)、最終回などは考えられうるもっともエグいドラマティック結末でかなり濃密濃厚だし、が、なんといっても、今回のプレディス物語最高峰は、最終回のあの会場にスンチョルがスタッフともみくちゃになりながら深夜の仕事終わりに駆けつけてるその姿だ。不肖にゅいのことはよく知らない私だが、にゅいに加入しかかってたすんちょるが当時どんだけ落胆させられてどんだけ涙して、その後せぶちで陽の目を見るまでの苦労は知ってたので、そんな人らに「せぶちになりたい」とまでいわしめ、しかしてやはり、同期といえなくもない彼らの顔を「死んでも最終回は見に行く」といった話を思い起こすだに、もう泣ける。一睡もせず次の仕事に行くまで含めて。それどんな気持ち?見る方も見られる方もどんな気持ち? やっぱり最高峰のドラマだと思う。


これ綺麗な画があるわけでもなく、すべてこちらの想像力と感動力をフル回転させて、ドラマを自分で勝手に読まないといけないのだが、いろんな立場からいろんな見方ができる、ほんと~に味わい深い壮大なドラマなのだ。このプレディス物語、数あるぷでゅ2内のドラマでも最高なんだが、こういうドラマがあって初めて、WANNA ONEのミニョンさんも気になるのである。にゅいすとミニョン君としては、ま・・・たく興味のない私だが(こら)、このドラマを見ているからこそ、ずうっとその後の彼が気になるし目で追ってしまう。今度戻ったらまた気になるだろう。ミニョンさんはそういう理由だけど、ほかの子にもそれぞれ私なりにドラマを見てきてて、それぞれ気になる。これまでのことがあって、そのドラマが好きで見てきてるからこそ、「続きが見たい!」のである。いっちや悪いが、初見だったら、ヒョンビンとかあれだけ皆が見たいみたい出てこい出てこい思わなかっただろう。皆デビュー前のアドバンテージがハンパない。

 

そして、ドラマがなければ「こちらの脳内で勝手にドラマを作り上げてでも、その子のことを見ていきたい」くらいの勢いがあるのが、いわゆるオタク。

まだ、なんの情報も与えてもらえず、なんのドラマも始まりそうにないアイドルに対して、勝手に話を作ってでも勝手に自分で盛り上がることができるのがオタクの特長だとしたら、オタクというのは本当に人間臭い生き物だなあと思う。「この子で感動したい」「この子で泣きたい」という正直な思いをぎゅぎゅっと詰めた人間感情の縮図のようだ。嫌いじゃないわー。
オタク以外の一般の人にも、この喜び、この楽しみ、この面白さを一般人に教えてくれた番組、それが今回のぷでゅ2とWANNA ONEなんじゃないのかな、と、大袈裟だけどそんなこと思ったりしている。

 

これまでは、番組が大好きだった人がこぞってそのまま彼らを応援してきたわけだけど、今後、どれくらいその生ドラマの面白さレベルが維持できるのか。我々はいつまでも大泉逸郎を歌いたくなる感情を維持できるのか。ってのが課題だろう。本人たちのセンスやキャラによるところが大きいだろうけど、頑張ってほしいなあ。若くて素人まるだし(コラコラ)の子が多い分、ポテンシャル高いので、まだまだいける気がするし、伏線を回収してないドラマがまだいくつか残ってるので、全然私的には大丈夫っ。最後まで歌うわ! 逸郎を。

 

いよいよカムバだ。リパケである。活動がはじまる。

もう楽しみすぎてハゲる。音楽が優れててデビューアルバム売れたわけじゃないっていったけど、実は結構デビューアルバム好きだった(なんだよ)。なんかこう、時代の最先端の音楽を作ろう!とかそういうんじゃなく、どういうかな、こういう普通の汎用性のあるアルバムが爆発的に売れたっていうのなんか、いいよなー(なにがだ)。

 

18年末の解散コンサートが終われば、11人はそれぞれの事務所に戻り(ジェファンはそこからCJE&M所属)、そこからの新しい出発になるわけだけど、あの、はっきり申し上げてしまうが、今以上に売れることは多分ない。

今から、各事務所必死で帰還後の計画を練りに練りまくって準備してると思うが(IOI解散後の各グループがさほど振るわなかったので)、それでも、今のWANNA ONEがこれだけ記録的に売り上げてしまったのだから、到底及ばないだろう。まあ、半分の半分でも売れたら万々歳かな。


というわけで、「俺は今が華」ってことを11人も既に自覚してると思う。若いのに、夢のないことを想像してかわいそうだが、「期間限定」なんて、それだからこそいいのだ。出口がそこに見えていて、そこに向かって俺は走ってるんだということがちゃんと視覚化てか数値化できた方が、実力以上のパフォができるし、2倍3倍といい結果が出るんじゃなかろうか。この祭、いつまで続くの?てより力出せる気がする。

巷ではしょっちゅう「期間延長」の声が出ていて、それはどうなるかわからないけれど、無期限固定グループではないからこそ「火事場の馬鹿力」が出るわけで。かわいさだって、今が華!と思うからこそ体内で製造オファーがかかるんだと思う。なので、私は、期間延長とかやんない方がいいと思う。キリがないしな。
今から解散コンサートの内容を想像して、自分なりのドラマのあらすじを立てて、泣く準備しとくわ。

 

 (申し遅れましたが、私はリアルタイムで一回も番組を見ないまま、彼らのデビューを迎えてしまい、そこで初めて「誰ですかこのカズレーサーみたいな大型犬は」とか本気で言ってたくらい何も知らなかった人です。それでも後からいくらでも、気になることも知りたいことも探して見ることができたので、これだけ偉そうなことを言うまでになったし、そういう人も大量に生まれたからこその、この人気なのだと思う。ちなみに推しはジェファンとウジンてい普通の嗜好です)

【NCT127】テヨン「理想の女性は、強くて引っ張っていってくれるひと。料理や掃除はしなくていい。全部僕がやりますから」

f:id:tenkomulan53:20171105230636j:plain

 

NCT127が、とうとう日本デビュー決定だそうだ。いつだっけ(来春かな)。
随分前からその話は出てたので、ファンにとっては別に驚かない発表だったのでは。ほんと、遂にっていうか、いよいよっていう感じ。

悠太というSM初の日本人メンバーがいることで、何かこれまでの「SMの日活」とは違うものになるのか、特に変えるつもりはなくとも、悠太個人の力とセンスで、おのずと変わってしまうのか。TWICEには日本人が3人もいるので、日本デビューしたら、きっとすげー違うんだろうな!と期待してたわりには、実際には(今んとこ)さほど変わった感じがなかったので、なんとも予想がつかない。
 

さて。そんな折、NCT127のリーダーであり、NCTグループの総リーダーをも務める絶対的センター・テヨンが、なかなか興味深い発言をしたというので話題になっている。
それは、「理想の女性のタイプは?」という質問に対して、「強くて自分を引っ張っていってくれる女性がいい。家事とか料理とかしなくていいです、僕が全部やりますから」というものらしい。


なんという今どきなお答え。そして、正直すぎるほど正直なお答え。なにげにすごい。
アイドルなので、これまでにも理想の女性のタイプなんて百万回聞かれてるはずなんだけど、そんなこといってたっけ? でもいいそう、こういうこと。テヨンだけにいかにも彼らしいなぁと思って、ちょっと笑ってしまった。(苦笑の類ですが)


これ、男子トップアイドルグループの総リーダーの発言としては、決してよくない発言だろう。どれくらいオフィシャルな場でのやりとりだったのか知らないけど、あとでスタッフ側から怒られたりしてないかなあ。
家事を全部やるってのはいいけど、「僕より強くて」「自分を引っ張っていってほしい」ってのはさすがにまずい。圧倒的に(男として)カッコイイ顔面を持ち、圧倒的に男らしい恰好をして、圧倒的にハードでカッコイイ音楽で売ってるグループの、君は総リーダーなんやで。そんなバリバリ男臭い役割をしょってる人が、まるで「僕は弱い人間なので女の人を引っ張るなんてとてもできません」的なこといっちゃダメだろう。その辺の美人よりずっと綺麗な顔に生まれてきたのは君のせいではないけれど(すごいフレーズ!)君の仕事は、中高生女子相手に「かっこいいオッパ感」を売る事なんやで。さすがに「僕を引っ張ってほしい」はまずいやろ。普通に考えたら、「それはアウト」ってことだと思う。
(日本より女性の社会進出率が高い先進国都市ソウルにおける夫婦の形としては大変すばらしい答えです)


しかしだ。そこが、テヨンのいいところといえば、いいところなのかもな。と思ってしまったことも、また事実。
女子に対してだけじゃなくて、もともと、人に強く出たり俺についてこいとかは苦手な性質で、きれい好きの片づけ好き。家のこと大好き。っていう人なのだ。
勝手な憶測だけど、多分あれだ。
テヨンは、人に対して「支配欲」(俺の思うようにしたい)より、「承認欲求」(認められたい)が強く、「愛したい」より「愛されたい」気持ちがとても大きく、「所有欲」より「所属欲」のとても強いそういう性格なんだと思う。

そういうのって、多分、生まれつきとか幼少時にできあがって、大人になっても、いい歳になってもかわらないと思うので、それが彼のいいところか悪いところかはさておき、それが事実なのだとしたら、いくらアイドル商売だとはいえ、隠したり胡麻化したりするより、こうやって、身もふたもなくズバっと正直に答えていくことは、案外いいことかもしれない。

アイドルなんて、すべての芸事(歌やダンス、ラップ)から、曲や衣装、容姿(顔やスタイル)、性格、言動、考え方にいたるまで、結局はいい悪いで売れるわけじゃない。正しいか間違ってるかで決まるわけでもない。すべては、消費者側(視聴者やオタク、ファン)の好き嫌いで決まるのである。そう。好きか嫌いか。
そこが難しくも面白いところであり、予測のつかないところであり、「人気は水もの」「化学反応」とかいわれる所以でもあるわけだ。


そんな人がいてもいい。もうこれからの時代、いろんな人をいろんな形で提示してくれないと!
もし、「私はそういうの嫌いです!」というならファンを辞めればいいのだし、「私は、そういう人を待ってました!」っていう人が新しくファンになればいいのだ。案外、「意外にそういうのもいいかも」っていう人がいるかもしれないし。
テヨンが、そういう承認欲求とか愛されたい欲の強い人物であることは、随分前からファンの間ではわかっていたことなのだし、アイドルとしてはよろしくない言動、とのことで会社から注意されたとしても、彼はまたやると思う。同じようなことを。これから何度も。だって、それが彼の変わらない性格なのだから。ついつい出てしまう。それはもう止められないことかも。
それを考えると、別に、これからの時代、隠さずにそれくらいのことはアナウンスしていってもいいかなと思ったのだ。かさねがさね、そんなテヨンが、そんな男子アイドルが「好きか、嫌いか」でバッサリ判断していけばいいだけのことだ。


今更、あまりいいたくない話だが、
テヨンは、デビュー前、過去のオンライン詐欺が暴露され、それが事実であったことから、デビュー自体がかなり危ぶまれていた人だ。清純爽快さを大事にしているSMの注目新人としては、大いに懸念される事案であったろうが、それでも、テヨンのずば抜けた容姿と技術がその懸念を上回ったのかなんなのか、とにかく、どセンターの総リーダーを任されて、デビューしたのだ。
ということは、今後ずっとその贖罪を背負ってのアイドル人生となるわけだ。何年たっても、「過去に詐欺をしてしまいましたが、猛省して、今後は心を入れ替えて、死ぬ気で頑張ります」(といったかどうか知らないけどとにかくしょっちゅう謝罪)といって、やっていかなければならぬいうことであり、これも「私そんなの許せない」という人は応援しないだろうし、「謝罪したのだし過去は過去」と思える人は応援すればいい。そういうことだ。ついつい、他人にも自分の意見に同調してほしくて、熱く運動してしまうけれど、好き嫌いなんて、ほんとに個人の問題だから、押し付けてはいけないなぁと思う。


多分、日本よりも、韓国の人の方がなにかと「好き嫌い」より「正しい正しくない」をはっきりさせたい国民性があるようだし、一旦そうだと思えば、口に出してはっきりいいたい、公にアピールしたくなるみたいだし。アイドルみたいな人気商売だと、事務所もメンバーもなんだかんだ強くいわれることが多いと思う。
しかし、ここは日本。
仮に同じようなことを強く思ったとて、韓国ほど、思ったことを表情にも言動にも出さないという、昔からの国民性が有名なんです、SMさん。とりあえず、やりたいことやってもらって、いいたいこといっていただければ、こちらで黙って判断いたしまして、しかるべき時期に、しかるべき決意をもって、そっと静かに離れるなり、かわらず厚い支持を表明するなり、こちらのいいように致しますので、日本活動においては、本国でできないような活動を実験的にやっていただくのが、うってつけかと思います。

相当嫌なことでも座り込みのようなこととか日本のファンはやりませんから大丈夫です。あっ。でも、嫌なことされたら、反応がないまま「あとがなくなってしまう」という一番怖い事態は起きますけどね。あっはっは。

 

昨日は、テヨンのちょっとした発言、ぼーーっとこんなことを考えてしまった私。
とりあえず、テヨンのことは、ここ日本においては、好きなように喋らせ、好きなように振舞わせてやったらどうだ。多分、少々のことでは日本のファンは怒らないし逃げないと思うから。
てことで、実りあるいりちるの日本活動を願う。

 

【The UNITとか】今どきのサバイバル番組は、全部バラエティと思ってみるべき。

f:id:tenkomulan53:20171107080556j:plain

 

いよいよ、大型サバイバル番組が始まるみたいですね。どうも世間がざわついてる気がして、ざっくり教えてもらいましたら、

10月17日23時スタート(Mネ)「Stray Kids」
→JYPがGOT7/TWICEの弟分グループを決める。ミッションを課してクリアさせつつSCの模様を包み隠さず放送する練習生選抜リアリティ番組。2年前のSIXTEEN男性版か。StrayKidsとは家出少年の意で9人。
10月28日スタート(KBS)「The UNIT」
→元アイドル・現アイドルたちが再起をかけて争うリブートサバイバル番組。事務所性別関係なく出演でき、勝ち残った男女各9人のグループは、7カ月間にわたり再デビュー活動予定。全14回。
10月29日16時50分スタート(JTBS)「MixNine」
→前半、YGヤンサ氏が全国の事務所を訪ね「これは!」と思う練習生を何人かピック。後半、YG練習生及び既にデビュー済アイドル出演者の中に、前半で拾ってきた練習生を加え、プロアマ男女ぶっこみで争う総ミックスサバイバル。9人が残ってYG所属で(?)デビュー。原案はPRODUCE101season3そのもの。

とまあ、こんな感じだそうで。
結構、基本構想は違うんですね。でもなんで全部9人なんでしょう。情報間違ってる?
あのヤンサが、練習生を訪ねて全国津々浦々巡るっていう絵づらだけでも、なんか、もう、オーディション離れて違う意味で面白そう。なぜか「ダーツの旅」的なものを想像してしまって、ええ、そりゃ全然違うんでしょうけど、個人的にウケる! ヤンサに特産のまずい野菜を食べさせたり、そこのお年寄りが出てきたりしてやたら困らせるっていうのがあったりしたら、それだけで楽しい。いいこと思いついたね。ヤンサ好感度上がるの間違いなしだ。

いや。そんな話じゃなくて。
最近、にわかにオタク界隈をざわつかせているのは、下2つ。UNITとMIXNINEに、デビュー済のそこそこアイドルが結構こぞって出演してることについて。ですよね。

現役のアイドルっていっても、
つい、こないだ、デビューしたばかりの新人アイドルたちは、いいでしょう。まだ誰にも知られてなくて当然なんだし。そこそこ売れてて、今後飛躍的に売りあげたいグループもまあいいでしょう。名前と顔を覚えてもらうのに絶好のチャンスかと。あと、事務所が機能してないとか今の環境ではとても働けないなど社会的問題を抱えたアイドルたちも、むしろ、喜んで出るべき。このあたりのアイドルは、同じ現役アイドルといっても、失うものが何にもないわけですから、かなりドライに気楽に出られると思うんです。
問題は、「これ以上やってももう売れない」とわかってしまった中堅どころです。落ち目とまではいわないけど、たしかにデビュー当時の破竹の勢いはもうない。事務所ももう力入れてくれない。的な。3年目4年目あたり? 万が一の確率で6年目7年目にどっかーんと奇跡的大ヒットを打つ可能性ゼロとはいいませんが、ま、普通に考えたら、たまに曲を出せば、テレビにも出られるしイベントもできるけど、よもやランキングに入ったりコンサートできたりってことはない。ってあたりの。この辺りが数多く出演することに関しての、ファン側オタク側の「キミらはまだ出なくていいだろ!」「いやいやいやここで恥をしのんで出るだけのことがあるように頑張れ!応援してあげないといけないとこよね!」っていう、こちら見る側の心の攻防戦ですよね。まあそりゃ相当悩ましい。それが、ざわざわざわしてる正体だと感じています。


この辺りのゾーンのアイドルを多数出演させるのは、番組側にしてみれば、間違いなく、話題作りでしょう。
顔も名前も知れた有名現役アイドルの皆さんが出れば出るだけ、有名であれば有名であるほど、大衆はどうしたって気になるから絶対見てみたい!と話題性は抜群。一方、アイドル側にしてみても、にゅいすとHOTSHOTの見事な成功事例を見てしまったばかりで、見たからにはどうしても、あれを未来の自身の姿を重ねてしまうでしょう。「俺らだってまた返り咲きたい!」「僕もわなわんになりたい!」といったところ。

そういう意味では、ぷでゆ、特にぷでゅ2のにゅいすとはっしゃの功罪は、とても大きいと思います。ほんとに大きい。
結局、彼らの中では、出た人も出なかった人も、そして勝ち残った人も脱落した人も、そして事務所としても番組としても、全部の立場の人にいい結果をもたらしたんですから。いわゆるwinwinで。あんなにうまいこといくなんて、当事者も事務所も狙ってなかったと思うんですけど、どうでしょう。ほんとに何もかもうまくいった感じ。こういう番組に出ることは、もはや惨めなことでも恥ずかしいことでもない!という新たな認識まで生まれたと。。他にはうまくいかなかったグループもあったのに、そこも「恥をかくだけかいて終わった」という印象がなかった為、その危険を鑑みてない気がします。あれ、にゅいすとが最悪な結果に終わって、全員目も当てられないことになって、マジで出なければよかった!結果だったら、きっと今回こんなにアイドル参加してなかった、こんな番組企画さえなかったかも。それを思うと、ほんとに今回のぷでゅはいろいろと罪作りだったなあと思います。


ということで、アイドル本人が、自らの意思で「出ます」といって出演してるんだから、どんなに見る方が嫌悪感と不安感で心をざわつかせても、どうにもならないし、私自身は、本当に正当に、そして公平に、なんの偏見もなく健康的に審査してくれるんなら「おお。出ろ出ろ。みんな出たらいいよ」とむしろ出演してほしいくらいです。でも、番組ではきっと、ええきっと間違いなく、あれやこれやと、中堅アイドルたちの心の闇を興味本位という姿勢で、下世話な角度で、いじりたおすと思うんです。

 

私は、どっちかというと、そこのところが、とってもいやらしくて気持ち悪いし嫌なのです。
しつこいですけど、色眼鏡なし掛値もなしで、純粋に実力だけを審査してくれるんなら、誰がでどんだけでようと文句ないですが、電波に乗せて公開する番組である以上、どうしたってそれは純粋な「ドキュメンタリー番組」ではなくて、演出やらせ仕込みミスリード満載の「バラエティ番組」になるわけじゃないですか。もう、エンターテイメントですよ。そんなの「エグい」ところをみんなで掘って掘って楽しむエグみエンターテイメントですよ! そこがなーー。ちょっとなーー。

 

名も顔も知られているっていう中堅アイドルの人たちに、
どうせ、「どこがいけなかったと思いますか」とか「どんなアイドルになりたかったんですか?」「亡くなったおばあちゃんとの約束は?」とか「今、お母さんに伝えたいことは?」とか、くだらん質問するんだろうなあと思うと、私でさえざわつきます。昔のキラキラしてた頃のVTRを流したり、デビュー当時の抱負を書いた日記を、これみよがしに悲しいBGMにのせて紹介したりするかもなあ、と考えると、もうざわざわが止まりません。
さらには、こちら側が落伍者、そちら側のメンターは成功者という図式を作って、アドバイスや評価とかいう名のもとに、ズバズバとキツイ言葉を浴びせかけて、それで、アイドルたちを泣かせたりするんだろうなあ。どアップにするんだろうなーーと容易に想像できてしまうところも、そしてそんな想像ばっかりしてしまう自分自身にも、心がざらーーーーっとします。ほんとにもう。

 

そりゃ、まあ、人間だれしも「他人の不幸は蜜の味」とか「怖いもの見たさ」といった下世話な好奇心が備わっていて、いやだいやだといいながら、見ちゃったりするんですけどね。でも、そもそも、人間のマイナスなところ? コンプレックスに思っているところやみっともないなと思っているところを、いじっていじって、みんなで見るなんて、趣味が悪すぎる。視聴率とれるからっていって、そういう考えで番組作るのって、レベルも低いし、志が低いじゃないですか。
もっと健全な、というか、いいものを正当に見つめてそこからさらにいいものを構築しようという姿勢がほしいよなあ。もういやだわーー。
というような正義感溢れる気持ちもあるんですけど、そんなこといいつつ、でも。

 

さらに、です。
それが、自然な泣き姿? 自然にいじられてるのではなくて、脚本があってディレクトが出てるような「やらせ」かもしれないしなあ。というようなことを嫌な想像してみて、自分で「それこそ嫌だわ~~」といってみたり、

 

さらに、さらに、そこからもう一周まわって、
番組制作側からのディレクトがあってもなくても、もはや、アイドル自身の側から積極的に「ここは可哀想なふうをして、悔しそうに泣いた方がよかろう」と小芝居を打っているのでは。という黒い想像に及んだりして、「あざといのぅ~~」といってみたり、

 

という、多分それは、その子1人1人によって、想像する範囲もタイプも違うんですが、とにかく、そんなふうに、勝手に自分ひとりでいろんな「いやごと」の想像を膨らませて、それに対して、勝手に嫌悪感を募らせているっていう。。。
そして、その結果、(当然ですが)とっても疲れ果てるので、それもあって、その手の番組はリアルタイムではとても見たくない。てか見れない。「結果が全部出てから教えてくれたまえ」っていうスタンスで、番組が終わるのをじっと待つっていうことになるんです。
どうです、この空回り具合。アホでしょう。

 


いろいろ思いつつまま、書いていますが、そんな空回りしがちな私でもですね、
さすがに、番組全部が、そんな「エグい」場面ばかりでないことは、よくわかっております。UNIT も、MIXNENE も、最終的な目標としててはやっぱり「ものすごく売れるグループを作る」という結果を残したいわけですから、つまり、そういうエグイ場面で話題性を盛りあげることもするけど、それはほんの一部だけ。特に、後半になればなるほど、見ごたえのある特訓・練習の様子とか、勝負や審査の様子を収録してくれるものと信じています。

あれだけの予算と規模なんですから、全部が「エグみ」だらけなわけないだろう、ってことで。これは本当です。誰がどうやって選考するのかってところを、だからこそちゃんとしててほしいなあと願うだけです。


なーんか、こんなこと考えてると、上の、JYP主催の自社オーディション番組の、なんと清々しく爽やかにみえることか。
妙に、健康的で正攻法にみえてくるから不思議なものです。え、私だけ? 出てくる練習生も、全員自社の子で、生き残ってデビューするのも自社からで、当然期限なんてない。ずっと一緒に頑張っていこうね!ってなるんでしょうからねえ。なんか、事務所や男女もキヤリアも関係なしの闘いっていうのもいいけど、出自や経緯がはっきりわかってる者同士のバトルも、それはそれで、ちゃんとしてていいですよね。


番組的には、どこかが勝ってどこかが大コケとかになるんでしょうか。全部成功することもあるのかな。

同じMネでも、少年24やアイドル学校はさほど後評判よくないままだと思ったけど、どうなの?何が違ってそうなったの。良くわからんなあ。
実際に、始まってみると、こんだけうだうだ書いてたの、一体なんだったの?!全然違うじゃん!って感じになるのが現実なんでしょうね。まあ、それもよし。てかそうでないといけないような気もするし。もうなんでもいい。(つかれた)
時期的には、全部ダダ被りですけど、これ平行して3番組共全部見る人、いるのかしら。結構疲れるでしょうねえ。(ひとごと) ぜひ、面白い回や大感動する場面などあれば教えて頂きたいと思います。(ひと頼み)

 

 

【Golden Child】ついでにメンバー紹介

f:id:tenkomulan53:20170923235840p:plain

 

① デヨル 93年2月11日生(24歳) B型 11番 
ピニのソンヨル(91年生)実弟。この最強ネタで一躍有名に。確かに似ているが、実際には兄より身長は低く兄より顔はゴツゴツしている。(お父上は兄にも弟にも似ていない古風な俳優タイブのハンサム)デビューまで6年以上かかってしまいそれなりの苦労エピソードが飛び出すと、聞いてるこちらが涙するような話もある。過半数が未成年を占めるゴルチャにおいて、断トツの年長者であるが、それを全く感じさせない(威張らない)腰の低さと明るさと素直さ、懐の深さと前向きな性質は、まさにリーダーにふさわしい。深く考えてそうであまり何も考えていないところなど最高なのでは。決して素顔はイケメンではないのに、髪やメークでいかようにもかっこよく仕上げることができる謎の顔面仕様を持ち、メークさんがこぞって仕事をしたがるという噂があるとかないとか。イケメン度自由自在の男といわせてもらおう。個人的には前髪を限りなく伸ばした方がいいと思う。ダンスも歌もいけるタイプ。

 

② Y 95年7月31日(22歳) O型 3番
BTSジョングク似の子がいる!として一躍有名に。実際にはジョングクを細く長く薄く伸ばした感じで年長者ぽい面持ち。ジョングクは金髪似合わないけど、この人はなぜか何色であっても似合う。個人的には、Yは青木隆治の方が似てるし、ジョングクは最近の高杉真宙に似てる気がする。デヨルやジェソクと共にピニのバックダンサーをやってた頃からほとんど顔面が変わらない。練習期間5年。ほかにもドラマ出演経験があり、幼い弟たちに比べるとさすがにカメラ馴れしてて堂々とした印象強め。明るく元気でかわいい!といわれがちだが、ジェヒョンを騙すドッキリ企画における、スンミンにキレる芝居は、真に迫っていて心底怖かった。この人本当はめっちゃ怖い人なのでは・・・という疑念が今も晴れない。メインボーカルだがダンスもいける。
 
③ ジェソク 95年11月20日(21歳) A型 20番
最高身長180㎝の人。見事な鷲鼻と大人っぽ態度が印象深い。余計なことはいわず、気が付くと常に静かに笑いながら優しく見守ってくれている、っていう姿がとても似合うしとても素敵。こういうタイプが1人いてくれるとグループが締まるというものだ。過去に新大久保グループのidというチームで活動していた。なので、日本語の流暢さは、相当なレベル。日本人が喋っているのかと思った。ダンスはダイナミックでさすがに上手い。ダンスメンバー。

 

④ チャンジュン 97年3月3日(20歳) A型 82番
ゴルチャのセンターは複数いるのだが、一番大事なデビュー曲の「最初と最後のどセンター」張ってるのがこの人。すなわち、この人の存在そのものが、明るさと楽しさとウキウキ♡であるということだ。その存在意義はどこででもいかんなく発揮され、常に空気を読みタイミングよくコメントを出し、気の利いたことをいってくれる。声が大きくコメントもわかりやすくリアクションがよいので、すぐに覚えやすく正に芸能界向き。歌もダンスもいけるが担当はラッパーだ。特筆すべきは脚の細さ。小枝のように細い脚を素早く動かすダンスは必見なので、できればずっと短パンをはき続けてほしい。伊野尾慧と横山裕をいいいとこどりしたようなイケ顔をしている。

 

⑤ TAG 98年4月13日(19歳) O型 7番
ここから未成年ゾーン。ジェソク同様、idのメンバーとして日本で活動経験があり日本語は得意、ついでに英語もいける。日本活動のため、帰国後1年スリップさせて今高3をやっている。以前はぽっちゃりしてて目も細く小さく、ナムテみたいなベビーフェイスがかわいい印象だったが、デビュー以降目が10倍くらい大きくて驚く。しかし、バックステージでは普通に目が小さく戻っているので、メークなのかと思うが、いずれにしても目の大きさが見るたび違うので驚く。女優なみの美貌になったり、少女みたいなかわいさになったり、目の大きさ自由自在男といえよう。顔自体はTEENTOPのニエル氏に似ている。ラップがものすごく上手い。声もいいがダンスもいける。

 

⑥ スンミン 98年10月13日(18歳) A型 98番
元JYP練習生。デビューまで1年くらいとなったのはその歌のうまさがあったからだと思われる。筋肉質なので体重はそこそこしっかりあるが、とにかく小柄でかわいい。あちこちでスーツケースに入ってしまう特技を披露しているが、なんだ悲しくなるのでやめた方がいいと思う。誰かに似てる似てると思っててそれが深津絵里だとわかったときは我ながら笑った。でも、泉澤祐希とか須賀健太にも似てるかも。当然ボーカル。

 

⑦ ジェヒョン 99年1月4日(18歳) O型 

顔の作りが小さく中央にキュッと集まっていて人形みたいにかわいい。ハムスターか。シカゴ留学経験があり英語が流暢。留学のためか彼も現在高3なのだが全然違和感なし。むしろあと5年くらい高校生でいける。メンバーの中では、(いい意味で)もっとも芸能人臭が薄くて擦れてない感じが最高なので、このままずうっと、世間ずれせず大人になんかならず芸能人ぽくならず計算なんかせず表情管理なんかできないまま、素のかわいいウリボン(本名の性がボン)でいてほしいと切に願う。ボーカル。

 

⑧ ジボム 99年2月23日(18歳) B型 33番

顔面強めの釜山男子。BTSのJINに似ている時もあればJ-HOPEに似てる角度もある。かなり若いのにかなり年上に見えてるだろうが、これで毎日制服を着て高校に通っているのだから、人間見た目では何もわからない。ゴルチャでB型なのはリーダー以外には彼だけ。だからどうしたという話だが、いわれてみればそれなりの意味があるような気がするB型男子だ。覚えたダンスはちゃんと踊れるが、フリーやカバーは苦手でほとんど動けなくなる。それを自分ではとても情けなく恥ずかしく思っていて、いちいち自滅状態に陥るのが若者らしくまた釜山男子らしく、何やらかわいい。(もう何をしても全員かわいい)。当然ボーカル。歌はうまい。

 

⑨ ドンヒョン 99年2月23日(18歳) A型 80番
ジボムと全く同じ生年月日。二卵性双生児として売り出すには、少々顔面も体格も性格も違いすぎているのでやめたという話だ(嘘です)。しかして、実生活では本物の双子が存在する。全身くまなく細い。172㎝50㎏だが印象的にはもっと軽くもっと細い。しかしてメインダンサー。この華奢な身体でキレッキレのダンスを踊りまくるのは圧巻。目も鼻も口も小さく童顔なので、髪を金髪ふわふわにしてると、タンタンみたいで劇的にかわいい。あどけなく笑っている姿が印象深いが、それはここ数年のことで、昔は相当暗くて湿っていたとか。何があったのだ。若干18歳にして練習生期間5年余という苦労が関係してるのかもしれないし、いずれにしても、実は暗いなどというキャラ、意外に掘り甲斐のあるひとなのかもしれない。当然ダンサー。

 

⑩ ジュチャン 99年7月31日(18歳) O型 55番

驚くべき美声の持ち主。話し声は普通なのに、歌いだすと口からいきなりCD音質で音が出てくるから腰を抜かす。いやーすごい人材を隠し持ってるよねえ~~。ということで、ダンスの方はやはり苦手らしいのだが、これだけ歌えればダンスなんかできなくていい(だめだけど)。昔は今より相当太っていてまん丸い顔だったらしいが、デビューまでに13㎏もの大減量に成功しているという。どどどういう方法なのかは知られていないが、ダイエット本とか出すといいかもしれない。痩せたので今は藤ヶ谷君なみにシャープな輪郭でシブい。年は違うが誕生日と血液型はYと同じ。こんなに大人顔なのに高3。ボーカル。

 

⑪ ボミン 00年8月24日(17歳)B型 89番
できすぎたマンネ。どこやらにも黄金のマンネがいらっしゃるが、どうしてこうマンネ様というのはできすぎた子が多いのだろうか。デビュー直前やっと17歳になったという高2だ。ついこないだまで16歳だったのかと思うと色々恐ろしい。彼がいてこそゴールデンチャイルドと名乗りたくなるというものだ。まず、いついかなる時も口角がきりっと上がりきった満面の笑みを絶やさない。縫い付けてあるのかと思うくらい常に笑っている。お見事。アイドルは笑ってナンボだからな。そしてガタイがいい。背も高く体つきもがっしりしていて顔がよく整っていて歌もダンスも普通に上手い。関係ないけどこの顔からその低音が出ますか!ってくうらい声が低い。堂々としていて受け答えがしっかりしているが、出すぎた真似をするわけではなくしっかり愛嬌もある。つまり皆に愛され皆に応援される最優秀アイドル。実際、学校の成績はトップレベルで優秀らしく学級委員長みたいな役も何度かやってるくらいの人物らしい。ガールズグループのカバーダンスが好き。ダンサー。

 

 

覚えていただけたかなぁ。(まったく)

f:id:tenkomulan53:20170924000506j:plain