お留守番のあとに。

そんなことくらいで、仲悪いとか性格悪いとか言ってたら、世の中どこも中悪いやんけ。

【(G)I-DLE】勝てば官軍!行け行けアイドゥル!(メンバー紹介)

f:id:tenkomulan53:20180820231223p:plain

昨年はSMが呪われてましたが、今年はどうもCUBEが呪われているようでお気の毒です。でも、大丈夫!一度呪われればあとは安泰(?)といいますし、来年になればいいこと続きかもしれません、とりあえず、今年は、早くも新人賞の呼び声も高い(G)I-dleちゃんにおんぶにだっこ的に頼って乗り切りましょう!(どの立場で喋ってるんだ) 


ミヨン

f:id:tenkomulan53:20180820224609j:plain



チョ・ミヨン 1997年1月31日生 165㎝46㎏ メインボーカル
仁川出身。正統派インテリ美人。TBS女子アナ(吉田明世田中みな実、林みなほなど)系のきっちり美人を思わせる雰囲気。どんなヘアメークをしても、いわゆる「綺麗なお姉さん」になってしまう、出しゃばらず嫌味のない実に美しい顔立ちをしている。黙って立っていると本当に女子アナみたいで、抜け目ない大人だが、素顔はわりとすっとぼけたところがあり、オンニなのにまったく気どらぬかわいさ満載。妹たちにガンガン突っ込むスキを与えている。2010年から5年以上YG練習生をしてたという全方向にスキルの高い実力者。BLACKPINK候補生だったが、某男子練習生との恋愛が発覚、ヤンサの掲げる恋愛禁止ルールを破ったとしてYGを退所した。その後は、ボーカル学校に通ったりしてブラッシュアップに努めていたが、これでダメなら芸能界を諦めようと最後に受けたCUBEオーディションに合格、今に至る。

 


ミンニ

f:id:tenkomulan53:20180820224546j:plain



ミンニ・ニッカ・ヨンタタタク 1997年10月23日生 164㎝48㎏
タイ出身。みちょぱ(池田美優)似。目がぱっちり大きくて丸いのでどこにいても覚えやすい明るい美人。タイ人女性の目がとても大きくて丸いということは知っていたが、ミンニは日本人に見えたり韓国人に見えたり、たまに、シェリーのような西洋系ハーフに見える時もあり、とても親近感がわく。実際とてもフレンドリーで、いつも笑ってて陽気で明るく元気なムードメーカー。タイ繋がりで、事務所の先輩CLCソンちゃんやBLACKPINKリサちゃんとは前から仲良しらしい。リサはとっても肩幅が広くていかり肩だが、ミンニは逆に肩幅が狭くなで肩なのが特長。ダンスも歌も両方うまいタイプ。タイ語韓国語のほかに英語ができる。

 


スジン

f:id:tenkomulan53:20180820224518j:plain



ソ・スジン 1998年3月9日生 164㎝49㎏ メインダンサー
お色気満載エロチカ美人。中村晃子石田えり藤あや子系のエキゾチックビューテイで、本人の素行とは関係なく、そのイメージだけでいわゆる魔性の女といわれてしまいがちな妖艶さが特長。新曲では、目の下にツケボクロをつけツナギのワイドパンツにJUJU的帽子を被り、お色気を振りまいている。ぽってりした唇が印象的。膝の下も長いが膝の上も長い(要するに長い)。グループ1の美脚。幼少時より、ジャズダンスとテコンドーを熱心に習っていたため、体幹がしっかりしておりずばぬけてダンスがうまい。しかし、普段はど天然でぼーっとしてる。フリートークだと最後まで遠巻きにいて率先して喋ることはない。意外に声が高くふにゃふにゃしていて意外に幼い感じ。元DNエンタの練習生で、2015年デビューのVIVIDIVA(現在は解散)の候補生だったが、デビュー直前に脱退、事務所を辞めている。2016年からCUBE入り。ソヨン「Jelly」MVに、キツネ仮面をつけて出演している。最近、PENTAGONフイとの熱愛が発覚、秒で「既に別れました」と報道されたばかりだがなかなか風当たりはキツイ。

 


ソヨン

f:id:tenkomulan53:20180820224448j:plain



チョン・ソヨン 1998年8月26日 157㎝42㎏ B型 メインラッパー 
爬虫類系ヤンキッシュ美人。PRODUCE101、UNPRETTYRAPPER 出演で、もっとも知名度のある絶対的カリスマリーダー。2017年「Jelly」18年「Idol song」をソロでリリース。作詞作曲編曲を手掛け、振り付けもメンバーと相談しながら考えるという才能溢れる人。自らのソロ作品や(G)I-dleの活動曲のみならず、JBJに詞を提供したりしている。小学生の頃から、既にあちこちのオーディションを受けていたが、どこも受からず、その数30とも50ともいわれている。途中、違う進路を目指したこともあったが、やはり歌手として何が何でも絶対デビューしたい!という思いに立ち返り、ラップを練習し、曲や歌詞を作っていたらしい。半ば諦めモードで「どこもダメならもういい、こうなったら事務所に所属せず自分1人でやろう!」と思い始めた頃、CUBEに受かったというくらい、どんなことをしてもデビューしたい気持ちが強かった。一度聴いたら忘れられない大変キャッチーでメランコリックなダンスナンバーを書き、また、それにピッタリはまる歌詞を書く。日本人にはわかりづらい所だが、言葉の選び方やメロディへの乗せ方や当てはめ方が非常に秀逸でメッセージが伝わりやすく、そのセンスはプロ作家のようで、天性のものといわれている。どうでもいいが、ものすごいギャル文字(?)を書く。

 

 

ウギ

f:id:tenkomulan53:20180820224422j:plain



ソン・ウギ 1999年9月23日 163㎝48㎏
中国出身。永遠の妖精ファンタジー美少女。中国からくる練習生は皆、超絶美人で、歌もダンスも新体操も韓国語も楽器もできて、すごい才能だとは知ってたのに、まだこの手のタイプの美少女がいたかっ! という衝撃の美少女。既に有名なソヨンを除き、デビューと同時にウギへの注目度はもっとも高く、あっという間に中国でも韓国でも大人気者になった。ぽわんとした柔らかい雰囲気、透明感溢れる少女性、何を着ても少女チックにしてしまえるフォトジェニックなグラビアパワーは国宝もんである。が喋ると、まさかの低音ハスキーボイスで踊るとバッキバキだし、普段は手振り身振りが多くて一番よく喋り動くというアクティブなひと。サバサバしていて男っぽい。結構身長もあり、スジンと争う美脚をもつ。韓国にくるまで一切韓国語ができなかったのが嘘のようによく喋れる。中国にいる時にヒョナに憧れて。となっているが、これは表向きプロフで、f(x)ビクトリアに憧れてというのが本当らしい。

 

 

シュファ

f:id:tenkomulan53:20180820224346j:plain



イェ・シュファ 2000年1月6日生 161㎝45㎏ ビジュアル 
台湾人。グループ唯一の00年代生まれのマンネ。しっとり艶やか大人の女優美人。毬谷友子黒木華に似た雰囲気。もっとも色白。美人揃いのアイドゥルの中で、マンネながらビジュアルを担当。その爽やかで透明感溢れるクールビューティは、上品で落ち着いた美しさなので、実年齢よりぐっと年上に見える。が、素顔はよく喋りよく食べよく笑う普通の18歳女子。歌もダンスもいけるタイプ。手脚が長く目を引くので、新曲HANNでは、ソロダンスパートを任されている。16歳の時に台北でオーディションに合格し、1人で韓国入りすることを相当悩んだというが、苦労のかいあって、ダンスも歌も韓国語も今や相当の実力、お姉さんたちに負けないくらいの頑張りを見せ、堂々としているさまは本当にカッコイイ。

 

 

PRISTINやDIA、gugudan、WEKIMEKIの例を出すまでもなく、誰か有名なメンバーがいると、どうしてもその子ばかりが注目され、いつまでたってもその他メンバーの知名度と人気が追い付かない、というジレンマに陥ることは多い。CUBEにも、4MINITESという大先輩グループがいて、なんだかんだ結構ヒット曲も出して長く活動したし、かなり有名だったにもかかわらず、最後まで「ヒョナとその他の人たち」というイメージを完全に拭えなかった。思ってる以上にメンバー間格差を埋めるのは難しいのである。
だが、(G)I-dleは「ソヨンとその他の人たち」という見え方から、全員がキャラ立ちしてるビッググループになるかも、と私は思うのである。

なぜかというと、まず、ぶっちぎりに「曲がいい」から。デビュー曲「LATATA」が、デビュー20日で1位を獲得、歌番組では結局3冠をモノにするという久々の新人好成績。これが、YGなどではなく、CUBEでしかもソヨン自作の曲で!っていうのが素晴らしいではないか。私自身は、アイドルが作曲編曲することが増えてる今の風潮を良しとしてないのだが(アイドルにはアイドルにしかできない仕事に全力尽くしてほしいから)、これだけの神曲をわずか18歳や19歳で書ける才能があるなら、話は別だ。端的にいって、素晴らしい。素晴らしいの一言だ。単なるガールズクラッシュにのっかった曲ではなく、単なるダンスナンバーってわけでもなく、これぞ、K-POPっぽいK-POPといううねりが効いてて歌謡曲っぽくまとまってるとこがいいと思う。デビュー曲にしては、大人っぽすぎるくらいだ。ほんとに自分で書いたのか?まぐれなのか? と誰もが思うほどなので、これからソヨンは、まぐれやパクリでないことを証明していかねばならないが、彼女の気が変わらない限り(気分屋さんみたいなので)、なんとなく私は大丈夫な気がしている。LATATAを超える名曲はホイホイ出にくいだろうが、私はHANNもかなり好き。CUBEは本当に大変な逸材を獲得したものだ。

 

ご紹介したように、3人の外国人はいずれも自国開催のCUBEオーディションに合格し、その後初めてソウル入りした。15~7歳という幼さ、まったく言葉がわからない不便さ、全然国へ帰れない寂しさに耐え忍び、成功だけを夢見て、歯を食いしばって練習に明け暮れてきたわけである。そして、ソヨン以外の韓国人メンバー2人も、前の事務所がらみで残念な過去を背負ってしまってて、「これが最後!」というところまで追い詰められて、チームに参加してきたわけである。一見、呑気そうな美少女たちに見えても、その実、結構ピリピリしててそれぞれ背負ってるものは大きかったと思う。こういう状況は、どこの事務所でもあるだろうが、まだまだCUBEは準大手、海外で独自にオーディション開催できるほどの事務所で、デビューとなればそれなりに注目されるレベルの会社なので、やはりそこでこういうのは重い。チョン・ソヨンは、そういう、ちょっと大変なチームのリーダーになってくれと事務所にいわれたわけだ。私だったら断る。普通断るだろ。重すぎる。言葉が不自由で文化風習が違う3カ国外国人3人いるだけでも面倒見切れないのに、残り韓国人2人は黒い経歴もちでしかも聞けば年上っていう、ね。大変だ。やりにくそうだし。面倒くさそうだし。自分が目指す音楽とは好みがだいぶと違うみたいだし。がしかし。そこで、ソヨンはそれを引き受けるわけである。そこが、彼女の男気なのか強気なのか優しなのか、賢さなのかやけくそなのか。正直、私はソヨンちゃんの性格がいまひとつ掴み切れないのだが、この人は多分、このチームのリーダーになるかわりに、最初っから自分で書いた曲で活動させてもらう約束をしたんじゃないだろうか。あるいは、CUBEの方からその条件その環境で提案したんじゃなかろうか。でないと、新人ガールズグループが、そのデビュー曲に、フレッシュさのかけらもない「LATATA」のようなバリバリベテランさん向け曲を選ぶわけないだろう。2曲目のデジタルシングルに「HANN」(ハンは1人という意味と怨みという意味のダブルミーニング)などという、大ベテランがこぶしを効かせて歌うような曲を選ぶわけない。恰好だって、これが新人女子か!と驚くばかりの真っ黒ずくめの喪服ドレス。あまりにも実力派志向すぎて、新人賞というより大賞狙いの枠かと勘違いしてしまう。なんかもうそういう異例な感じだけでも、ちょっと他のガールズグループとは違って浮いてる感じがしてそれもまたよき。

話がそれた。要するに、とてつもなく曲がよければ、言葉は悪いが、どんな顔のどんなメンバーがいようが、関係なく必ず全員人気者になり、知名度があがり、そして売れる。なんだかんだいってもやはり、曲だと思う。「曲がよければすべていいように見える」「曲がよければ欠点すべて長所になる」くらいのことあると思う。ましてや、それぞれがいいキャラだったり、美人だったりかわいかったりしたら、いわずもがなである。それくらい曲がいいということだ。とにかく曲がいいってことをいいたい。

ソヨンちゃんが書く曲、書く詞のレベルがこのまま落ちることなく、ずっと続けば(G)I-dleは間違いなくビッググループになるだろう。CUBEが途中で変な方針変えを強いてこない限り、間違いないのだから、どうか頑張ってほしい。あ、ちなみに私はエロチカ美人のスジンちゃんの虜です。

 

※書き忘れたけど、台湾人と中国人が仲良く同じグループで頑張ってるのを見るのは、勝手に涙が流れるくらい美しい絵面で感動的! 実はこの判断こそが評価されるべきかも。彼女たちが仲良くお互い助け合って頑張ってる姿を見て、なにかチャイナ関係の方々にもいい感情が伝わることがあればいいのになーと思いました。おわり。