お留守番のあとに。

にゆくん、50キロ強しかなかった……軽すぎる……

【THE BOYZ】実はエロい!超大型新人グループの裏コンセプトは見てナンボ。魅せてナンボ。の少年の性。 

f:id:tenkomulan53:20180417111437j:plain

去年まで「日本でも絶対売れる!」といえば、TWICEとSEVENTEENでした。まあTWICEがあそこまで売れるとは思ってませんでしたが、BLACKPINKよりは売れると思ってた。せぶちはどこまでいくでしょうか。
で。今年からそれは、fromis_9とTHE BOYZになりました。日本人ああいうの絶対好きだと思いません?皆思ってることでしょうが人気出ると思う! 特にTHE BOYZは、最初から日本活動を相当考えて結成してるくらいなので、こちらが期待せずともあちらがやる気満々。既に段階的にちびちび進めてるんでしょうね。ほんと楽しみです。

てことで、そのTHE BOYZ、そして気持ちが続けば次にfromis_9について、思うことを無責任に書いてみたいと思います。

 

THE BOYZは、18年度新人枠ギリギリの去年12月頭デビューの12人組超大型新人ボーイズグループ。ちゃんと考えてまっせ。「必ず新人賞は獲りたいです!」と明言通り、まあ獲るんでしょうがあんまそゆこと言わない方がいいと思ったり。。
「12人全員がセンター」というだけあり、凄まじい総顔面偏差値を誇っていることでデビュー前から有名。お金も手間もかかってて見るからに超大型新人なんですが、NCTのように「顔がいい」というグループは、ほかにもいます。それこそSMは昔からまず「顔がいいか否か」を見ますから、どのグループも総じて顔がいい。そういう所とどう違うかといえば、ざっくりいって大した差はないと思います。SMにも「なぜこの人はこの顔で…」という方がたまにいますし。どちらも、しゅっと整ってて清潔感あって上品な顔ばかり。ワイルド系やゴージャス系の美ではない。あえて細かい方向性の違いをいうと、SMは「エリート感」をバシバシ出したい顔づくりで、THE BOYZは、そこまで官僚感・高級感は込めず、もうちょっと親近感のある「都会派」程度の顔を目指しているのだと思います。


さらに、THE BOYZの場合、顔だけじゃなく、身長や年齢にバラつきがないことがすごいのです。よくもあれだけ似たような子を集めたなと感心しきり。深く知れば本当は全然違うのですが、初見ではその事実を忘れさせる完全偽装、いや、作りこみが素晴らしすぎます。

普通、いい顔だけを選んでって12人集めたら、必ず1人か2人、著しく低身長(いわゆるチビ)とかもう25歳(いわゆる高齢)の子が入ってしかるべきなのに、それがない。そりゃ全員センターできるわ。ほぼ同じ背格好ほぼ同じ年齢層ほぼ同じ顔(ハーフ皆無)の集団なのです。その素材力だけでもすごいのに、さらに同じTシャツやら同じスーツやら着せるので、ぱっと見、同じ子が12人いるような集団に見えるという。この点においては、K-POP史上最強なのではないでしょうか。ほんとよく揃えたよ。時間かかったろうなあ。しかも、3~4人英語話者がいる。

 

f:id:tenkomulan53:20180417112456j:plain

そうやって、選びぬいた12人のグループコンセプトはといえば、徹底した「爽やかさ」と「若さ」。全然上からじゃないのが好感度高いよね。あと「スタイリッシュ」。
大自然の爽やかさじゃなくて、都会的な爽やかさの方ね。そう、フレッシャーズ! 春のフレッシャーズフェア的な!ピチピチ嬉し恥ずかし新入社員的な!新しい風吹かせまくり。若くて爽やかでそれでいて都会的で疾走感があって。
例えば、他の大所帯ボーイズグループ、えーWANNA ONEが「気合」だとしたら、NCTが「超エリート」、SEVENTEENが「楽しい人たち」?で、GoldenChildが「保守一党勢力」? PENTAGONが「愛と苦悩の日々の末に」って、なにそれ? すみません適当すぎるのでやめて謝ります、とにかく、よそがそのようなイメージだとすると、THE BOYZはまず「爽やかさとスタイリッシュ」てことになると思うのです。

 

でも。 それでは何か、ひっかかるのです。
なんかこう、このグループには、もひとつ「裏グループコンセプト」があるような気がしてならない。
表コンセプトだけでなんの過不足もないのに、なんでしょう、考えすぎ?でしょうか。でもだってそんなの、自分でいっといてなんですが、よく考えたら、新人アイドルが爽やかで若いって、当たり前じゃないですか。ド新人なんすから。爽やかでなくてどうするよ。HipHopグループではなくてダンス音楽で勝負してて、しかも全員若いときたら、そんなもん爽やかに決まっとるがな。っていうね。。。ほんとそうだ。。
THE BOYZが掲げてる(と私が思ってる)グループコンセプトが「爽やかさ」「若さ」なのは、間違いないのだけれど、それは表向きのことであって、その奥には、もっとエロいイメージアピールがある気がします。そう!なんかこうエロいのです。SEXYといいますか!セックスアピール。どうでしょうか!

 

THE BOYZ、なんと!(自分でいうな) 裏コンセプトに「少年の性」とか「愛人」とかあるんじゃないです?
だってね、なにも、あそこまで(振付が)くねくねしてなくてよくない? あんなに上下ぴっちりのスーツとかスキニーとか好んで着なくてよくない? なんなの?もう単純にエロい。エロいと思い始めるとまじでエロい。けしからん。よくコレオみて。リレーダンスとかよくみて。ただバッキバキに踊ってるだけじゃなくて、あの振り付け必要以上に相当くねくねしてるし、相当いやらしいダンスだと思うんです。声もいやらしいしさあ。
そういや、誰1人としてオッパ感を出してくる戦略ないし、誰ひとり隠れマッチョ的な筋肉自慢なさそうだし、誰も「俺が俺が」の子いなくて(いるのか?)、全員いたいけな感じを強めに出してくるの、おかしくない? 12人全員が「守ってほしい」側をやってるんですよ、きっと。庇護される側、囲ってもらう側の少年。(演じさせられてるって事ですが)。少年愛人にもマッチョと非マッチョがいますが、だとすると明らかに後者でしょうね。「どうか、僕を愛して大切にしてくれるひと、僕を囲ってください」的な、そういう少年セックスアピールですよ!あれは。別に、囲う側は男性でも女性でもいいと思うんですけどね。だから、どアップ時に、かるい媚びをのっけてくるんですよ!みんな気を付けて!

 

「爽やかさ」というよりは、もはや「ガラスの脆さをはらんだ」少年の性。コアはそこにあります。だからこそ、デビュー曲しょっぱな歌い出しから、既に声がどセクシーなんすよ。びっくりするわ。なぜ喘ぐ? バックにもずっと喘ぎ声入れてるし。てか全員全パートどセクシー、どエロ歌唱を強いられてますよね?あれ。本当なら、声を張ってしっかり歌い上げるべきパートもあるし、それができるボーカリストもいるのに、THE BOYZではそれはご法度。朗々と歌い上げてはいけない。くねくねふわぁ~と、頼りなげな歌唱法が必須なんですよ。それで「BOY」だの「FIRST」だの「I’m yourboy」とかいわれた日にゃもう。頭抱えちゃう。

 

今回のカムバでは、タイトル曲「GiddyUp!」も、アルバム「START」もぐっと元気色を強め、なかなか強めな曲や重厚な曲にまとめてきました。アルバムとしてとてもよくまとまった一枚だと思います。
当然、エロエロ色も薄くなっているのですが、いーや。それでも、頼りなげな歌唱法とか、くねくねしまくるコレオとか相変わらずだし、スキニーの出番がぐっと減ったけど全滅ではないし、やはり「少年愛人倶楽部」の裏イメージは健在です。ツバメですよツバメ倶楽部!あとしばらくやるんじゃないかなあ。本人たちが、そういう意味を背負わされてるてこと、わかってるかどうか知らんけど。知っててやってたら相当大物。

 

f:id:tenkomulan53:20180417112350j:plain

 話が大きくそれるけれど、ふと、思い出した話がありましてね。聞いてくれます?
真面目に書くと、脳科学の澤口先生が昔、少女時代のコレオを見て「大勢の長くて細い脚が、音楽にのって閉じたり開いたり入れ替わり立ち替わり移動するビジュアルは、脳的に大変リラックス効果や癒し効果があり売れるのは当たり前」といったのが一部で有名になりましたが、まさに、どぼいずがそれです。
彼らの振付は、その場で激しく踊って合わせる昔ながらの「群舞」というより、常に、踊りながら移動し続け、全体のフォーメーションを新しく作り変えていくという「移動もの」。せぶちもそうですが、12人もいるとその移動距離は相当なもので、運動量も相当なもの。しかもそういう一連の動きを、スキニーという脚の形が最もよく見えるものを履いて、12人24本の細い脚が一斉に動きまくって、移動しまくるんですからね。少女時代の10倍は動いてますから!凄まじい癒し効果に違いない。道理で、何べんみても、彼らのパフォーマンスは飽きないはずです。中毒性もあるよね。永遠にあの目にも止まらぬ脚の動きを見ていたい!と思うのは、脳科学的に正しいことなのでしょう。ま、それを「愛人として囲いたい」と思うかどうかは別ですが。

 

そして、THE BOYZ裏方陣が、やたらお揃いの衣装や練習着を着せたがるのにも、心理的な効果、つまりちゃんとした性的アピールの効果があるはず。
ある特定の集団に同じものを着せる制服や軍服本来の目的は、「個性をなくし」「所属を示し」そして「欲、特に性欲を抑えるため」ということです。同じ髪型をさせ同じ服を着せみんな同じ形になることで、自分はいち歯車になる意識づけをさせると。大きな機械の一部品になってもらって、個人的な行動、思考、欲を抑えつける目的です。が、強制的に抑えつけられると、人間って、逆に欲がむくむく増長してしまうらしく。そして、それは見てる側の人間もそうなのだといいます。昔からよくいう「喪服の未亡人にぐっとくる」というやつです。着てる本人もぐっときてるのかもしれませんが見てる側もさらにグッとくると。制服軍服喪服など、たくさんの人がまったく同じ服を同じ場で着て、それぞれの個を無にしている光景は、そんなわけで、なぜかセックスアピールが生まれてしまうのです。アイドルグループが同じ格好すると「誰が誰だか覚えてもらえない」という決定的なデメリットがあるのですが、それを承知で、全員に全く同じ格好させるなんて、それすなわち強力にセックスアピールしたい!させたい!と思われて仕方ない。煽ってきてるやないか。と思われても仕方ない。っちゅう話ですよ。若干強引な感想かもしれませんが、そんな話を思い出してしまいました。どうでしょう?

 

f:id:tenkomulan53:20180417111352j:plain

ここで、当初どぼいずを見て感心ばかりしてた頃を、一旦思い出すと。
なんだかんだ、どぼいず、「見てもらってなんぼ」のグループだなあと改めて思うわけです。顔と衣装とパフォーマンスと歌を一緒に見て初めて、その価値がわかるグループ。曲だけ聴いててもあまり意味がない感じ。事務所もそこにこだわってチーム一丸頑張ってるんだろうなって気がしますし。
最後にまた、SM、YG、JYPのグループと比べたいんですけど、こんだけ(私が)アイドルは総合芸術だ!つってんのに、やっぱりあの大手3社は、創始者自らが歌手で実際歌ってたこと(今も歌ってる人いるけど)のが大きくて、ビジュアル<楽曲 なんだと思うんです。しかも大きな比重で。どんなにビジュアルに凝っても、吐くほどダンス練習させても、結局見た目はスタイリストやコレグラファに丸投げするくせに、曲や音楽、音、歌声に対してはどこもすごい執着心で、少しでもいい作品を作りたい、いいものを世に残したい、という気持ち。いかにビジュアルや振りに都合よくても下手な音楽だけにはしたくないぞ!っていう気概を感じます。あの3社はアイドルで商売してますが、やはり音楽会社だなと思う所以です。
そこいくと、ビジュアル+音楽+パフォーマンス と全部一緒に見て初めてその効果を出そうというどぼいず、根本的に目指してるところが違うのは当たり前。ので、何をいいたいのかというと、これはやはり、日本でも売れるだろうなとそういうことです。ま、今んとこ楽曲もすこぶるいいいですしね(上からですみません)。12人もいるのにO型誰もおらずA型も3人っていうのもやたら力強いですしね(?)。


あ、別に知りたくないでしょうが、私がどうしても目が行ってしまうメンバーは、キューニューそしてなぜかハンニョンの3人です。頑張ってほしいです。